PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2022
PR
翠雲堂

疲弊末寺まず手助け

臨済宗南禅寺派 鈴木正澄・宗務総長(69)

ひと2021年6月2日 15時06分
疲弊末寺まず手助け

病気治療に専念するため任期を半年間残して退任した蓮沼良直・前宗務総長の後任に、南禅寺塔頭寺院の総意として推挙された。山内からの宗務総長誕生は櫻井景雄・正因庵住職以来44年ぶりとなる。

飾らず控えめな人柄。「本来、私は宗務総長の器では……」と謙遜しつつも「やるからには自分を律し、コロナ禍で疲弊する宗門のために尽くしたい」との強い信念を持つ。

法務部長時代の1995年に発生した阪神・淡路大震災ではすぐに被災地入りし、末寺や檀信徒を救援。今回も「コロナ禍で本山の拝観収入は半減しているが、地方の寺院も法事や行事ができずに疲弊している。どんな手助けが必要か考えていきたい」とその視線は末寺に向けられる。

由緒ある塔頭が軒を連ねる南禅寺で、まだ創建100年余と歴史が浅い塔頭南陽院に生まれた。同院開祖の豊田毒湛老師(高源室、1840~1917)は南禅寺派第4代管長、妙心寺派第11代管長を務め、南禅寺の現在の法堂を再建したことなどでも知られる。

父の鈴木以心・第3世住職は7歳の時に遷化。その後、龍谷大、南禅僧堂を経て83年に南陽院第4世住職となるが、この間約25年は金地院、真乗院、牧護庵の法類が「第4世は正澄氏に継いでほしい」と寺を守ってくれたという。

その恩義を深く受け止めて毒湛老師以来の法灯を40年近く真摯に護り、2010年に創建100周年、15年には毒湛老師100年遠諱を営んだ。元法務部長としての実績などから、山内の信望は特に厚い。

(河合清治)

人との出会い大事に

天台宗三千院門跡 小堀光實門主

1月12日

昨年11月に京都市左京区大原の三千院門跡門主に就任した。先々代の小堀光詮・第61世門主と親子2代での門主就任となる。「人と人との出会いを大事にして、三千院を訪れる人がまた…

「御寺」の品格守り抜く

真言宗泉涌寺派 川村俊弘宗務総長

12月10日

9月の選挙で続投が決まった上村貞郎管長(泉涌寺長老)から宗務総長(同寺寺務長)に任命された。約40年間、泉涌寺の寺務に携わってきた豊富な経験を生かし、皇室の菩提寺ゆえに「…

「鍋底」として範示す

大本 小林龍雄本部長

12月1日

経済産業省の中小企業庁や特許庁で勤めた元国家公務員。昨年8月に本部長(代表役員)に就任した。信仰継承や後継者育成に向けて若者に活躍の場を広げ、子育て世代の支援や世代別組織…

包括・被包括の観点で 宗派の未来目指す予算に

社説1月21日

1・17から27年 語り伝える努力を

社説1月19日

日常の中の仏行 「百丈清規」の現代的意義

社説1月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加