PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第18回「涙骨賞」を募集
PR
中外日報宗教文化講座2021 第18回「涙骨賞」を募集

情報共有を進めたい

真宗木辺派 髙田信良宗務長(73)

ひと2021年6月11日 11時15分
情報共有を進めたい

馬籠前内局の任期満了に伴い5月19日の宗派総会で選出され、1日に就任した。2024年5月に予定する慶讃法要(宗祖親鸞聖人御誕生850年・立教開宗800年・木邊顯慈門主の伝燈奉告法要)を記念した宗派の総合振興計画の推進に取り組む。

17年から教学伝道部長を務めてきたが、教団の課題を「個々人の様々な活動があるが、それらが宗内でうまく共有されていない。この点を皆さんと追求していきたい」と考えている。先の総会では「本山(錦織寺=滋賀県野洲市)は情報交換をする所でもある。そのお世話をするのが宗務長の役目」と挨拶した。

同県守山市の宗門寺院出身で、京都大で宗教学者の武内義範氏に師事した。スイス・バーゼル大への留学を経て16年まで龍谷大で宗教哲学を講じたことで知られる。

スイスに留学した1970年代は第二バチカン公会議(62~65年)を踏まえた宗教間対話が盛んになった時代で、仏教など東洋思想を学ぶキリスト教神学者も多かった。当時暮らしていたカトリック教会が運営する学生寮の教員から「日本から学びに来た君は“gegen studiem(反対の研究)”だね」と言われたことを覚えている。

近年の宗教学の重要なテーマは、宗教への関心はある一方、教団への所属は敬遠する人々の意識の変容と指摘。「宗教の原点を改めて確認していくことが一番の課題」と言う。檀家制度の崩壊の中、各伝統教団は“外に向かった伝道”を掲げるが、「そもそも内での本来の活動がなされているのか。それを自ら問うことが大事だ」と話す。

(池田圭)

自ら祈る姿示し教化

真言宗智山派大本山成田山新勝寺 岸田照泰貫首

7月28日

全国から多くの檀信徒が訪れる成田山新勝寺(千葉県成田市)の中興第22世貫首に3月28日付で就任した。どんなに時代が変わっても必要とされてきた信仰の大切さを祈る姿をもって伝…

奉仕するリーダーに

時宗 神田普照・次期宗務総長

7月16日

時宗宗務総長および総本山清浄光寺(遊行寺)執事長に9月1日付で就任する。「これまでの経験の全てが役に立つ」との信念のもと、総本山の災害時の対策、時宗教学研究の充実、次世代…

一体感持ち同方向に

真宗興正派 秦直樹・宗務総長

7月14日

三井前内局の任期満了に伴い6月22日に宗務総長に就任した。2023年に予定する慶讃法要や本山興正寺御影堂の工事、本山および霊廟の有効活用基本構想策定等の課題に取り組む。「…

欲望と宗教心 仏性は自覚されて働く

社説9月22日

「テロとの戦い」の錯誤 宗教者の平和活動の意義

社説9月17日

東京五輪の光と闇 開催理念の再確認を

社説9月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加