PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2022
PR
翠雲堂

奉仕するリーダーに

時宗 神田普照・次期宗務総長(64)

ひと2021年7月16日 10時46分
奉仕するリーダーに

時宗宗務総長および総本山清浄光寺(遊行寺)執事長に9月1日付で就任する。「これまでの経験の全てが役に立つ」との信念のもと、総本山の災害時の対策、時宗教学研究の充実、次世代を担う僧侶の育成等に注力していきたい考えだ。

福岡県の時宗寺院出身だが、大学の水が合わず半年で中退し、ヒッチハイクで全国を旅して回ったという型破りな一面も。30歳で一念発起し清浄光寺で在堪後、その職員となり、以来、総本山財務執事や時宗庶務部長などを歴任してきた。

「私はいわば便利屋」と自認するが、それは徹底した現場主義を取ってきたことの表れでもある。535人の時宗教師ほぼ全員の顔と名前を一致させることができ、災害発生時は率先して現地の寺院に足を運んできた。「僧侶はもらうことに慣れてしまい奉仕の心を忘れている。何でもやるのは私なりの布施行。一見面倒なことにこそ大切なものが隠れている」と訴える。

普段からアンテナを広く張っておくことを怠らないのは「楽しみや面白みは人生のどこにでもある」との考えから。「熱狂的な広島カープファン」で、同球団の選手が2千本安打を達成した際、境内に広島県ゆかりのモミジをこっそり「記念植樹」。その成長と色づきを毎年楽しみにしている。四季折々の花々が楽しめる遊行寺を、さらなる市民の憩いの場とすることを目指す。

目指す理想は「奉仕するリーダー」。「総本山や宗派のために上に遠慮せず苦言できる人を求めている。言いたいことを言い合える雰囲気を大事にしていきたい」と抱負を語る。

(佐藤慎太郎)

人との出会い大事に

天台宗三千院門跡 小堀光實門主

1月12日

昨年11月に京都市左京区大原の三千院門跡門主に就任した。先々代の小堀光詮・第61世門主と親子2代での門主就任となる。「人と人との出会いを大事にして、三千院を訪れる人がまた…

「御寺」の品格守り抜く

真言宗泉涌寺派 川村俊弘宗務総長

12月10日

9月の選挙で続投が決まった上村貞郎管長(泉涌寺長老)から宗務総長(同寺寺務長)に任命された。約40年間、泉涌寺の寺務に携わってきた豊富な経験を生かし、皇室の菩提寺ゆえに「…

「鍋底」として範示す

大本 小林龍雄本部長

12月1日

経済産業省の中小企業庁や特許庁で勤めた元国家公務員。昨年8月に本部長(代表役員)に就任した。信仰継承や後継者育成に向けて若者に活躍の場を広げ、子育て世代の支援や世代別組織…

包括・被包括の観点で 宗派の未来目指す予算に

社説1月21日

1・17から27年 語り伝える努力を

社説1月19日

日常の中の仏行 「百丈清規」の現代的意義

社説1月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加