PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第18回「涙骨賞」を募集
PR
第18回「涙骨賞」を募集 翠雲堂

「暦神」の側面もPR

八坂神社 野村明義宮司(62)

ひと2021年10月22日 10時51分
「暦神」の側面もPR

1日付で京都市東山区の八坂神社宮司に就任した。ライフワークは、同神社や祇園信仰にもゆかりの深い陰陽道や暦の研究で「祇園祭の神社というだけではなく、暦神としての側面も知ってほしい」と話す。

1977年開設の皇學館大文学部神道学科の1期生。実家の石川県七尾市飯川町・久志伊奈太伎比咩神社の社職を継ぐため神職の道を志したが、東京乃木神社の宮司だった小串和夫氏(現皇學館理事長)との出会いが転機となった。大学の指定神社実習で同神社に奉仕したところ、小串氏に「故郷に戻る前に経験を積まないか」と誘われ、卒業して12年間奉職。八坂神社に転任後、30年を経ても「故郷で奉仕するための学びの期間」という意識だったが、予期せず宮司となった。

乃木神社時代に祭神・乃木希典の座右の書『中朝事実』の思想基盤に陰陽道があることを知り、その探究にのめり込んだ。転任当初は意識しなかったが八坂神社も歴史的に陰陽道と密接で、不思議な縁を感じている。陰陽道の代表的な典籍『簠簋内伝』は、卜占や方位・暦日の吉凶を説き、八坂神社の祭神・牛頭天王(素戔嗚尊)の縁起を記す。2002年からは自ら編纂した神社暦「暦神祇園暦」の発行とその普及・活用にも取り組んでいる。

「神職でも知る機会が少ないが、茅の輪、修祓、装束など、現在の神社神道の中にも陰陽道に由来・関連するものもある。本来、太陰太陽暦(旧暦)で行うべき祭祀と、現行のグレゴリオ暦(新暦)との齟齬についても神職として問題意識を持つべきだ」と提起する。

(武田智彦)

「鍋底」として範示す

大本 小林龍雄本部長

12月1日

経済産業省の中小企業庁や特許庁で勤めた元国家公務員。昨年8月に本部長(代表役員)に就任した。信仰継承や後継者育成に向けて若者に活躍の場を広げ、子育て世代の支援や世代別組織…

知らされて知る他力

真宗大谷派 木越渉宗務総長

11月24日

10月14、15日の宗会臨時会で選出された。里雄前々内局と但馬前内局で教化や人権問題の担当参務としてキャリアを積んだことで知られ、2015年の真宗教化センター・しんらん交…

まず御誕生法会円成を

高野山真言宗 今川泰伸宗務総長

10月29日

今年7月、高野山真言宗初の選挙戦を制して宗務総長と総本山金剛峯寺執行長に就任した。秋季宗会を終えて、内局各部も本格的に始動。2023年に迎える宗祖の御誕生法会に取り組むほ…

情報のTsunami 救済は全人的知に基づく

社説12月3日

WCRP50年 新たな10年へ行動目標

社説12月1日

見えざるものの力 死者との関係を取り戻す

社説11月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加