PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第18回「涙骨賞」を募集
PR
第18回「涙骨賞」を募集 翠雲堂

まず御誕生法会円成を

高野山真言宗 今川泰伸宗務総長(60)

ひと2021年10月29日 10時30分
まず御誕生法会円成を

今年7月、高野山真言宗初の選挙戦を制して宗務総長と総本山金剛峯寺執行長に就任した。秋季宗会を終えて、内局各部も本格的に始動。2023年に迎える宗祖の御誕生法会に取り組むほか、13年後の弘法大師御入定1200年御遠忌も見据える。「まずは御誕生法会の円成を目指す。宗祖大師のご功績に報いたい」と意気込む。

着任してすぐに兼務の多かった部課を見直し、体制を整えた。教学部は次長職を2人体制にした。御誕生法会と同年に迎える北米開教110周年の準備も進める。

宗団で初めてSDGs(持続可能な開発目標)の啓発にも取り組む。奥之院への献木事業が進んでいるのは「寄付者が高野山の護持や、尊厳を保つことに寄与していると実感が得られている」と分析する。

「宗務所と本山に勤める皆が参拝に来られた信心の方々に奉仕するのを喜びとし、同じく信仰の心を持って接してほしい」と話す。職場環境の改善を目指し宗務所内の職員休憩所を改装中だ。

高野山大在籍中と、専修学院で書記を務めた1年間を本山で過ごし、自坊に戻った。自坊は多くのお遍路さんが参拝に訪れる四国八十八ヶ所霊場の第23番札所・薬王寺(徳島県美波町)。自坊の伽藍護持に邁進してきたほか、宗門では徳島支所副長を経て宗会議員を4期務め、60歳ながらベテランの域に。立場は逆転したが議員の経験を宗務に生かしたい考えだ。

学園興隆や金剛峯寺新別殿での駐在布教の再開など、大小様々な課題が待ち受けるとしながらも「優先順位をつけて事業を進める努力をしたい」と話す。

(磯部五月)

「鍋底」として範示す

大本 小林龍雄本部長

12月1日

経済産業省の中小企業庁や特許庁で勤めた元国家公務員。昨年8月に本部長(代表役員)に就任した。信仰継承や後継者育成に向けて若者に活躍の場を広げ、子育て世代の支援や世代別組織…

知らされて知る他力

真宗大谷派 木越渉宗務総長

11月24日

10月14、15日の宗会臨時会で選出された。里雄前々内局と但馬前内局で教化や人権問題の担当参務としてキャリアを積んだことで知られ、2015年の真宗教化センター・しんらん交…

「暦神」の側面もPR

八坂神社 野村明義宮司

10月22日

1日付で京都市東山区の八坂神社宮司に就任した。ライフワークは、同神社や祇園信仰にもゆかりの深い陰陽道や暦の研究で「祇園祭の神社というだけではなく、暦神としての側面も知って…

情報のTsunami 救済は全人的知に基づく

社説12月3日

WCRP50年 新たな10年へ行動目標

社説12月1日

見えざるものの力 死者との関係を取り戻す

社説11月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加