PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

知らされて知る他力

真宗大谷派 木越渉宗務総長(64)

ひと2021年11月24日 11時04分
知らされて知る他力

10月14、15日の宗会臨時会で選出された。里雄前々内局と但馬前内局で教化や人権問題の担当参務としてキャリアを積んだことで知られ、2015年の真宗教化センター・しんらん交流館の立ち上げに尽力。人権問題についても約100年前の全国水平社創設当初から指摘されてきた観無量寿経の「是旃陀羅」の語の差別性を巡る問題への対応に前向きな姿勢を示す。

自身の真宗観や人権意識の原点は、父の樹・元宗務総長(91)の米国留学と同国・バークレー東本願寺住職就任による幼少期の海外生活にあるという。

時は1960年代。米国社会の激しい人種差別に接する一方、通っていた小学校では担任教諭から人種や国籍を超えた他者尊重の姿勢を学んだ。そんな中、あるアジアの国を見下す発言をした自分に愕然とする体験をした。「一番の親友がその国の出身だったので余計にショックだった。差別はされる側もする側も傷つくのだと思った」と振り返る。

「真宗はそうした痛みや悲しみを忘れさせる教えではなく、それに意味を与えてくれる教えだと受け止めている」。如来は克服至難の根源的な差別心を抱えた我が身の姿を問うてくる。「真宗はそんな自分に驚愕して頭を下げる教え」と説く。

座右の銘は平野修・九州大谷短期大教授の「我々は知らされて知る以外に知り方を持たない者である」。若い頃に自坊のある金沢教区で僧侶養成機関・金沢真宗学院の設立に関わった際に同教授の謦咳に接したことが財産の一つと説明。「この気づきが『他力』ではないか」と話した。

(池田圭)

双方向で支え合いを

真言宗御室派 大林實温宗務総長

5月11日

吉田前内局の任期満了に伴い3月17日、宗務総長に就任した。小豆島八十八ヶ所霊場の第8番札所・常光寺(香川県小豆島町)住職。「本山と所属寺院が双方向で支え合う関係を」と話す…

太子のみ教えを発信

和宗総本山四天王寺 南谷恵敬執事長

4月20日

大阪市天王寺区の和宗総本山四天王寺で昨年10月から営まれてきた「聖徳太子1400年御聖忌慶讃大法会」が、22日の「聖霊会舞楽大法会」で結願する。これまで法務部長や勧学部長…

傾聴できる和尚を育成

臨済宗東福寺派 稲葉隆道宗務総長

4月15日

「昔はお寺の和尚さんに何でも話をすると、親身になって相談に乗ってもらえた。そんな和尚さんをたくさんつくりたい」――。1日に就任した稲葉隆道宗務総長の第一声だ。 「和尚はよ…

介護用品贈与通じ 支え合いの精神広める

社説5月13日

分岐点に来た平和主義 問われる宗教界の努力

社説5月11日

震災の教訓忘れず 日常の地道な防災教育を

社説5月9日
このエントリーをはてなブックマークに追加