PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

「鍋底」として範示す

大本 小林龍雄本部長(64)

ひと2021年12月1日 10時31分
「鍋底」として範示す

経済産業省の中小企業庁や特許庁で勤めた元国家公務員。昨年8月に本部長(代表役員)に就任した。信仰継承や後継者育成に向けて若者に活躍の場を広げ、子育て世代の支援や世代別組織の連携強化に注力している。

信仰1世。29歳で結婚した妻が信者だったことが、入信するきっかけとなった。妻に誘われて参加した祭典で出会った信徒たちの人間性に引き込まれたことが決め手だったという。

それまで新潟県柏崎市の実家の宗旨が曹洞宗ということ以外は宗教とは無縁。しれつな競争社会でもある霞が関で日夜働き詰めの日々を送る中、大本信仰者の持つ明るい雰囲気と、優しく思いやりに満ちた心に触れた経験は新鮮な驚きだった。

国家公務員時代、出勤する途上で役所のビルを見上げては、いつも自らに言い聞かせた。「自分たちは高いビルから国民を見下ろすのではなく、鍋底の気持ちで仕事をしなくてはならない」

鍋の具材が国民だとしたら、公務員は一番熱い火を受ける「鍋底」として国民を守り、その生活を豊かにしていく存在なのだとの自戒が込められていた。そう思えるようになったのも信仰の支えがあったからだと感謝の思いを口にする。

「幾多のつらい、苦しい場面で、信仰があったが故に救われた。だから教団に対して、いつかはお手伝いできることがあればさせていただきたいとの思いがあった」

本部長就任後も「鍋底」の精神は変わらない。「一人一人が互いに敬い合い、助け合うという理想の世界を大本から『よき型』(模範)として世に示させていただきたい」

(岩本浩太郎)

現代に仏法どう説くか

真宗大谷派教学研究所 宮下晴輝所長

6月17日

4月1日付で就任した。専門は古代インドの仏教思想。長年、大谷大で教壇に立ち、学監や文学部長などを歴任した。 真宗大谷派を代表する僧侶の一人、暁烏敏氏の自坊・明達寺がある石…

仏教的知恵を学んで

立正大 寺尾英智学長

5月25日

4月1日に第35代学長に就任した。仏教学部からの選出は渡邊寳陽・第25代学長以来、四半世紀ぶり。今年開校150周年の節目を迎え、200年に向けた発展の基礎づくりに注力して…

華厳の教え伝えたい

華厳宗大本山東大寺 橋村公英別当

5月20日

華厳宗管長・第224世東大寺別当に就任し、今月30日に晋山式を営む。3月の修二会満行会見で話した「一つのありがとうの向こうには多くのありがとうがある」「お松明が一つだけで…

認知症の心の世界 拈華微笑の教えに学ぶ

社説6月24日

脱成長の時代へ 成熟の先に何を求めるか

社説6月17日

米「宗教の自由報告書」 中露など特定懸念国に警鐘

社説6月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加