PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2022
PR
翠雲堂

「御寺」の品格守り抜く

真言宗泉涌寺派 川村俊弘宗務総長(65)

ひと2021年12月10日 10時51分
「御寺」の品格守り抜く

9月の選挙で続投が決まった上村貞郎管長(泉涌寺長老)から宗務総長(同寺寺務長)に任命された。約40年間、泉涌寺の寺務に携わってきた豊富な経験を生かし、皇室の菩提寺ゆえに「御寺」と呼ばれる同寺の品格を守り抜く決意だ。

寺内では対外折衝よりも事務を主に担ってきたという。「皆をぐいぐいと引っ張っていくタイプではない」と謙遜するが、その分他者の意見にじっくりと耳を傾け、丹念に拾い上げていく手法を心掛ける。

宗務総長として、約70の末寺の課題解決に向き合う責務もある。「この1年間だけでも、後継者問題を抱えたお寺が3件あった。今後様々な問題が出てくる」。前職の総務部長時代にはコロナ禍の影響を受けた末寺の宗費減免などの負担軽減策の事務にも関わっており、今後は末寺との連携をより強化し、人材育成などにも注力する考え。

泉涌寺もコロナ禍で参拝者減少に悩まされているが、「御寺の品格を落としてはいけない」と、収入に目を奪われてなりふり構わない寺院運営に陥らないよう気を引き締める。「泉涌寺の存在は京都でも意外と知られていない。まずは存在を多くの人に知ってもらうことが大切」

2026年に迎える泉涌寺の開山・俊芿(月輪大師)の800年御遠忌は、同寺と末寺の一体感を高め、全国にその存在をアピールする絶好の機会。末寺の僧侶らからなる御遠忌局と連携し、開山塔の修復や泉涌寺展の開催などを検討している。

自坊は塔頭法音院。妻・長男と囲む夕食のだんらんがつかの間の息抜きの場だ。

(岩本浩太郎)

教化に努め社会に発信

浄土宗大本山金戒光明寺 藤本淨彦法主

1月26日更新

11月9日に晋山式を迎える。昨年10月に浄土宗大本山金戒光明寺の第76世法主として入山した。宗祖法然上人、信空上人、湛空上人から現代へとつながれてきた同山の歴史を継いで「…

人との出会い大事に

天台宗三千院門跡 小堀光實門主

1月12日

昨年11月に京都市左京区大原の三千院門跡門主に就任した。先々代の小堀光詮・第61世門主と親子2代での門主就任となる。「人と人との出会いを大事にして、三千院を訪れる人がまた…

「鍋底」として範示す

大本 小林龍雄本部長

12月1日

経済産業省の中小企業庁や特許庁で勤めた元国家公務員。昨年8月に本部長(代表役員)に就任した。信仰継承や後継者育成に向けて若者に活躍の場を広げ、子育て世代の支援や世代別組織…

トンガ噴火津波で 平時の備えこそ防災の要

社説1月26日

包括・被包括の観点で 宗派の未来目指す予算に

社説1月21日

1・17から27年 語り伝える努力を

社説1月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加