PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

一歩一歩地道に奉公

時宗 東山心徹法主(74)

ひと2022年2月16日 11時10分
一歩一歩地道に奉公

遊行の法燈の相続者であり、弘教の中心となる時宗法主に1月に就任した。7年の任期制となって初めての法主で、遊行75代としての道号は「他阿一浄」。宗祖一遍上人と総本山清浄光寺(遊行寺)から1字ずつ選び取ったものだ。

寺の出身ではなかったが、縁あって僧籍に入ることになった。師僧からは「ひとに嫌な思いをさせるな」「ひとのおかげで自分がある」「ひとに頼まれたらとにかく自分にできるだけのことをやれ」などと口酸っぱく言われたことを思い出す。振り返れば今の自分の拠り所になっていることばかりだと気付かされる。

鎌倉の寺の住職を拝命後、書にも本格的に取り組むようになった。漢字の成り立ちそのものを感じ取ることができると、篆書や隷書などの古い書体を好んで揮毫してきた。「書は、活字では伝えきれない自分の思いを伝えることができる」との自負があり、今では日本総合書芸院の理事長を務めるまでになった。

これまでの人生が様々な縁に恵まれたものであったことを強調。「時宗の本髄は一歩一歩地道なもの。すぐに結果を求めずに、人との結び付きやつながりを大事にして培われていくもの」なのだと感じている。

だからこそ大上段に構えず、少しでも人の役に立てるよう、これまでの経験や教わってきたことを人々に伝えていくことこそが肝要だと心に留めている。「人間は一人では生きていけない。私もこれまで周りの人たちに助けられ、支えられてきた。それに応えて法主を務めることが最後の修行であり、最後のご奉公」とほほ笑んだ。

(佐藤慎太郎)

仏教的知恵を学んで

立正大 寺尾英智学長

5月25日

4月1日に第35代学長に就任した。仏教学部からの選出は渡邊寳陽・第25代学長以来、四半世紀ぶり。今年開校150周年の節目を迎え、200年に向けた発展の基礎づくりに注力して…

華厳の教え伝えたい

華厳宗大本山東大寺 橋村公英別当

5月20日

華厳宗管長・第224世東大寺別当に就任し、今月30日に晋山式を営む。3月の修二会満行会見で話した「一つのありがとうの向こうには多くのありがとうがある」「お松明が一つだけで…

双方向で支え合いを

真言宗御室派 大林實温宗務総長

5月11日

吉田前内局の任期満了に伴い3月17日、宗務総長に就任した。小豆島八十八ヶ所霊場の第8番札所・常光寺(香川県小豆島町)住職。「本山と所属寺院が双方向で支え合う関係を」と話す…

僧侶の生老病死 寺院の外で迎える老後

社説5月25日

いのちを社会で育てる 内密出産と不妊治療

社説5月20日

戦争の愚かさ 時代遅れの悪質なプライド

社説5月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加