PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

双方向で支え合いを

真言宗御室派 大林實温宗務総長(64)

ひと2022年5月11日 12時48分
双方向で支え合いを

吉田前内局の任期満了に伴い3月17日、宗務総長に就任した。小豆島八十八ヶ所霊場の第8番札所・常光寺(香川県小豆島町)住職。「本山と所属寺院が双方向で支え合う関係を」と話す。

小豆島で育ち、早稲田大大学院文学研究科博士課程を修了し、教員免許も取得した。

卒業後は自坊の法務を行いながら、香川の大学で週に1度教員を務め、歴史学を教えていた。教室での座学だけではなく、フィールドワークで小豆島八十八ヶ所霊場のお参りに行くなど「遍路学」を自ら作り、宗教教育ではなく僧侶として手を合わせることの意義などを伝えた。

学生のリポートで「普段の勉強では理屈でなぜか、と疑問を持つことが多いが、お遍路で手を合わせることで、理屈ではない喜びを感じることができた」との意見があり「この学生からの感想は今でも忘れられない。改めて仏教の本質と向き合う機会をもらえた」と話す。

本山に関わる前は、本山が何をしているか見えにくく、遠い存在に感じていたという。

その後、制度審議委員会を4期、本山宗派諸問題検討委員会、宗会議員を3期務め議長に就任するなど、本山と所属寺院のあるべき関係を真剣に考えるようになった。

「宗派の動きを今まで以上に伝えていき、所属寺院との関係性をより深いものにしていきたい。所属寺院の皆さまから支えてもらっていることが多いが、本山からも双方向に支え合うことができるよう働き掛け、所属寺院との関係性を近いものにしたい」と意気込みを述べた。

(日野早紀子)

仏教的知恵を学んで

立正大 寺尾英智学長

5月25日

4月1日に第35代学長に就任した。仏教学部からの選出は渡邊寳陽・第25代学長以来、四半世紀ぶり。今年開校150周年の節目を迎え、200年に向けた発展の基礎づくりに注力して…

華厳の教え伝えたい

華厳宗大本山東大寺 橋村公英別当

5月20日

華厳宗管長・第224世東大寺別当に就任し、今月30日に晋山式を営む。3月の修二会満行会見で話した「一つのありがとうの向こうには多くのありがとうがある」「お松明が一つだけで…

太子のみ教えを発信

和宗総本山四天王寺 南谷恵敬執事長

4月20日

大阪市天王寺区の和宗総本山四天王寺で昨年10月から営まれてきた「聖徳太子1400年御聖忌慶讃大法会」が、22日の「聖霊会舞楽大法会」で結願する。これまで法務部長や勧学部長…

僧侶の生老病死 寺院の外で迎える老後

社説5月25日

いのちを社会で育てる 内密出産と不妊治療

社説5月20日

戦争の愚かさ 時代遅れの悪質なプライド

社説5月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加