PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
宗教文化講座
PR
中外日報宗教文化講座

LGBTへの理解を訴える虹色ダイバーシティ代表 村木真紀さん(43)

ほっとインタビュー2018年10月31日 15時45分
LGBTへの理解を訴える虹色ダイバーシティ代表 村木真紀さん むらき・まき氏=1974年、茨城県生まれ。京都大卒。社会保険労務士。LGBTに関する調査研究や企業・団体向けの研修・支援事業などを展開するNPO虹色ダイバーシティ(大阪市北区)代表。共著に『職場のLGBT読本』『トランスジェンダーと職場環境ハンドブック』。

レズビアンの当事者として、企業・団体・学校でのLGBT(性的少数者)研修・コンサルティング事業に取り組み、年間約50回の講演活動をこなす。近年、人口の5~8%とされるLGBTに対する社会的な認識は高まりつつあるが、偏見は根強く、当事者は大きな不安を抱えたまま生活しているのが現状だ。

様々な立場や属性を持った人々の多様性をいかに認めていくか。「地域に根差した存在である宗教者の方々にはそれを認め、安心して生き、死んでいける地域づくりを」と願う。

池田圭

LGBT(性的少数者)と宗教ということでは、葬儀をめぐる問題があると思います。

村木 まずLGBTがカミングアウトする際には「地域社会の壁」があります。カミングアウトの順番はまずは友人で、その次が家族、さらにその次が職場で、最後が地域になることが多いのですが、それは「友人や家族が理解してくれても、近所や親戚からどんなふうに言われるか」という怖さがあるからです。

だから特に現在でも地方に行くとよくある、地域の人も大勢参列する葬儀は難しい。葬儀ではお坊さんが生前の故人の生涯や人となりについて紹介されたりしますが、私は葬儀に行くたびに「では、自分が死んだときはどういうふうに言われるのか」と考えながら聞いてしまいます。

様々な噂が立つ、と。

村木 私自身のことを言えば、出身が地域の人間関係が濃密な茨城県の田舎なので、「ここには住めない」と思い、大学は関西にある京都大を受験しました。実家に近い東京ですら嫌だったのです。

現在も関西でパートナーと生活しているのですが、自分の葬儀を考えてみると不安があります。関西で葬儀をするなら、ここでできた仲間たちとのネットワークの中で行えますが、実家ですることになった場合、どうするのか。親戚や近所の反応が気になりますし、それによって家族が新たに傷つくようなことにならないか心配です。パートナーにとってはどういう立場で葬儀に参列すればよいのか分からないという問題もあるでしょう。

近年、私の実家の地域では近所の人が大勢参列する自宅での葬儀は減り、葬儀社の会館での葬儀が増えているのですが、当事者にとってはその方が都合が良いという面もありますね(笑い)。

このほか、トランスジェンダーの人にとっては戒名や死に装束を自分の希望する性別にしてもらえるのかという不安もあると思います。結…

つづきは2018年10月24日号をご覧ください

言語が持つ可能性に挑戦する詩人 吉増剛造さん

言語が持つ可能性に挑戦する詩人 吉増剛造さん

5月21日

1964年に第一詩集『出発』(新芸術社)を上梓して以来、常に現代詩の最前線を切り開いてきた。その活動は映像や写真の撮影、詩の朗読“パフォーマンス”など、従来の枠組みにとら…

食の生命に感謝する庖丁道 清和四條流第35代家元 清本健盛さん

食の生命に感謝する庖丁道 清和四條流第35代家元 清本健盛さん

4月26日

平安時代から続く庖丁道では、魚介類や鳥類、農産物など、料理に供される食材の命に感謝するため、神前、仏前で庖丁式を行い、巧みな技と共にその精神を伝承している。 節分の「恵…

紛争被害者支援を行うNPOテラ・ルネッサンス創設者 鬼丸昌也さん

紛争被害者支援を行うNPOテラ・ルネッサンス創設者 鬼丸昌也さん

4月19日

大学在学中にカンボジアの地雷被害を知り、日本国内で現状を伝える活動を始めて2001年に現NPO法人の「テラ・ルネッサンス」を創設。現在も年間約120回講演を行っている。 …

PR

続発する交通事故 他者思いやる禅の心を

社説5月22日

道徳の教科化 宗教系私学の独自性

社説5月17日

宗教不信の時代 純粋な経験と洞察の原点

社説5月15日
宗教文化講座
  • 中外日報購読のご案内
  • 時代を生きる 宗教を語る
  • 自費出版のご案内
  • 紙面保存版
  • エンディングへの備え― 新しい仏事 ―
  • 新規購読紹介キャンペーン
  • 中外日報お問い合わせ
中外日報社Twitter 中外日報社Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加