PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
宗教文化講座
PR
中外日報宗教文化講座

「仏教マニア」の漫才師 笑い飯哲夫さん(44)

ほっとインタビュー2019年3月22日 18時41分更新
「仏教マニア」の漫才師 笑い飯哲夫さん わらいめし・てつおさん=1974年、奈良県桜井市生まれ。関西学院大文学部哲学科卒。2009年に『えてこでもわかる 笑い飯哲夫訳 般若心経』を出版。仏教をテーマにした講演も多い。NHK上方漫才コンテスト最優秀賞(04年)、M―1グランプリ優勝(10年)、上方漫才大賞(14年)。

ボケとツッコミが入れ替わる「ダブルボケ」スタイルで人気のお笑い芸人だが、仏教、特に般若心経に造詣が深いことでも知られる。小学生の時に僧侶の読経がかっこいいと感じ、『えてこでもわかる 笑い飯哲夫訳 般若心経』はベストセラーになった。

今もネタ作りの傍ら写経をするほどだが、あくまで自分はマニアと謙遜。「みんな一緒」が仏教の神髄で、つながっているのだからと、他人の家のトイレも掃除する。現世に生きるための仏教を淡々と実践している。

有吉英治

仏教に興味を持ったきっかけは。

哲夫 うちは月命日に毎月、お坊さんがお経上げに来てくれはるんですわ。そのお坊さんがすごく声が良くて、小学校低学年くらいから隣の部屋でこっそり聞くんが好きやったんですよ。

いっつも般若心経唱えてくれはるんやけど、ちょいちょいかっこええフレーズを言うてはるんですよ。ええ声でかっこええフレーズ。「今んとこかっこええなあ」と思いながら、けどそれを公言するのは恥ずかしいんですよ、気持ち悪がられそうで。

高校の時、倫理の授業で先生が仏教おもろいでぇ言うていろいろ教えてもろうたんですよ。死んだときのことだけとちゃうよなあ、生きてる間の哲学やなあみたいなことを。大学行ってからはいろいろ調べて、本とか読んで、やっぱりそやなあという感じがありましたね。

考え方を集めるのが好きやったんですよね。哲学チックなことですけど、名前にも哲学の哲が入ってたんで。西洋哲学はどうしてもなんか概念論というか観念論で、東洋の哲学、仏教は分かりやすいんですよね。自分の中にストレートに入ってくる。

生きるのに悩んでいた?

哲夫 そういうことはないです。ただ優しくなれたかなとは思いますね。

慈悲が生まれる理屈を追求していくと、とどのつまり「みんな一緒だよ」ということなんです。みんな一緒って考えると、人の家の便所をきれいにするイコール自分の家の便所をきれいにする、みたいになってくるんでね。

因果がいろいろつながっていくもんやから、人の家の便所きれいにしといたら、いつか自分の中の何かもきれいになってると。みんな一緒なんやってことで、慈悲が生まれる。それで人の家の便所もきれいにするようになったんです。

実際つながってますしね。僕は最初、仏教関係の仕事ってしたくなかったんですよ。でも本書く仕事を頂きまして、もうええかって…

つづきは2019年3月13日号をご覧ください

紛争被害者支援を行うNPOテラ・ルネッサンス創設者 鬼丸昌也さん

紛争被害者支援を行うNPOテラ・ルネッサンス創設者 鬼丸昌也さん

4月19日更新

大学在学中にカンボジアの地雷被害を知り、日本国内で現状を伝える活動を始めて2001年に現NPO法人の「テラ・ルネッサンス」を創設。現在も年間約120回講演を行っている。 …

大震災復興を願い100メートルの絵巻を描いた洋画家 渡邉敬介さん

大震災復興を願い100メートルの絵巻を描いた洋画家 渡邉敬介さん

4月5日更新

東日本大震災の被災地復興を願い、長さ100メートルの絵巻を描いた。被災した漁港、仮設屋台村、缶詰工場で働く人々をクロッキー画の筆致と独特の色使いで躍動する群像に仕上げた。…

最澄の魅力を発信するサントリーHD代表取締役副会長 鳥井信吾さん

最澄の魅力を発信するサントリーHD代表取締役副会長 鳥井信吾さん

2月21日更新

天台宗総本山比叡山延暦寺(大津市)を支える「比叡山法灯護持会会長」を務める。2021年6月4日に祥当日を迎える伝教大師1200年大遠忌に向けて、今春発足する「最澄の魅力交…

PR

被災地8年目の春 復興への地道な歩み

社説4月17日更新

今夏のWCRP大会 日本からの発信に期待する

社説4月12日更新

幸福度の低さ 日本社会の深刻な病理

社説4月10日更新
宗教文化講座
  • 中外日報購読のご案内
  • 時代を生きる 宗教を語る
  • 自費出版のご案内
  • 紙面保存版
  • エンディングへの備え― 新しい仏事 ―
  • 新規購読紹介キャンペーン
中外日報社Twitter 中外日報社Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加