PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2021
PR
墨跡つき仏像カレンダー2021

ハンセン病家族訴訟原告団長 林力さん(95)

ほっとインタビュー2019年12月9日 13時59分
ハンセン病家族訴訟原告団長 林力さん はやし・ちからさん=1924年、長崎県生まれ。福岡県の学校教諭などを経て九州産業大教授、福岡県同和教育研究協議会会長、全国同和教育研究協議会副委員長などを歴任し、2016年提訴のハンセン病家族訴訟で原告団長を務めた。

ハンセン病患者の隔離政策で助長された差別偏見で患者の家族も差別を受けたとして、元患者の家族ら561人が国に損害賠償などを求めた「ハンセン病家族訴訟」で原告団の先頭に立った。

今年6月に熊本地裁は国の責任を認めて原告の大半に賠償を命じる判決を出し、国は控訴しない異例の判断。今月には補償法と名誉回復を図る改正法が国会で可決した。

ただ、ハンセン病問題の啓発はまだこれから。「なぜ日本の教育はこの問題を課題にしてこなかったのか」と問う。

池田圭

ハンセン病家族訴訟の判決や国の控訴断念をどう評価しますか。

 当然の判決だと思いますが、補償の金額よりも今後の啓発が問題だと思います。一番怖いのは、この裁判や判決で全てが終わってしまうことです。これを契機にして当事者の声を生かした教育や社会啓発を進めてほしい。

ただ、にわか勉強した人権派の大学の先生とか、知ったかぶりで差別の痛みや苦しみを感じたことのない人とか、そういう人が政府や行政のお墨付きを得て啓発の場で偉そうな話をするようなことだけは、ごめんこうむりたい。

原告の多くは国会議員懇談会や記者会見などで原告番号を名乗った。

 それが差別の現実です。本名など全てを明らかにしている人は何人いるのか。例えば原告団の集会でさえ「顔を見せたくない」という原告はたくさんいます。親戚や故郷の人に隠している人が大勢いるのです。

なぜ日本の教育はこの問題を課題にしてこなかったのか。ハンセン病患者を拉致するように隔離する政策を進めた一方で、なぜそのような過ちを犯したのか、国民に説明していない。

私の父が入所していた星塚敬愛園(鹿児島県鹿屋市)に行く際に駅からタクシーに乗るのですが、運転手さんから「ここは何の施設ですか」と聞かれて、びっくりしたことがあります。県も市も県民や市民に敬愛園の説明をきちんとしていないのでしょう。

ご自身の境遇は。

 父は長崎県の島原半島出身で、昭和初めの不景気に巻き込まれて商売に失敗し、逃げるように私たち家族と博多に移り住みました。

父の身体に異常を感じたのは小学校低学年の頃で、ある時、内側に湾曲してきた手の指を伸ばしてやろうと手に触ると、いつもは温厚な父が烈火のごとく「触るな!」と怒ったことを覚えています。

父は、私が小学6年の夏休みの終わる日に一人で家を出て星塚敬愛園に入所しました。当時、ハンセン…

つづきは2019年11月27日号をご覧ください

空間全体を使い表現する美術家 大舩真言さん

空間全体を使い表現する美術家 大舩真言さん

12月8日

海外の主要都市での個展や、世界最高峰の現代アートフェア「アート・バーゼル」への出品など国内外で活躍する。作品は絵画や立体、空間全体の空気感に配慮したインスタレーションなど…

精神性を重視する武道家の初代タイガーマスク 佐山 聡さん

精神性を重視する武道家の初代タイガーマスク 佐山 聡さん

11月24日

「四次元プロレス」「空中殺法」。俊敏な動きと高い跳躍から繰り出される華麗な技は、プロレスファンならずとも見る人を魅了した。現在は原因不明の病に見舞われリハビリ中だが、前向…

祈りの造形を撮る「飛鳥園」社長 小川光太郎さん

祈りの造形を撮る「飛鳥園」社長 小川光太郎さん

11月9日

古美術写真の第一人者として、数多くの寺社文化財や仏教遺跡等を撮影し、飛鳥園を創業した小川晴暘氏(1894~1960)。孫で3代目社長の光太郎さんは、人々の祈りに焦点を当て…

PR

阪神淡路27回忌 未来に語り継ぐ課題

社説1月22日

宗教縁の時代 キーワードはソロ社会

社説1月20日

見える構造的課題 社会参画型仏教の現況から

社説1月15日
顔認証付き検温器「QHT」 PR
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加