PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第16回涙骨賞〈選考委員選評〉
PR
第17回「涙骨賞」を募集

日雇い労働者の街で人権を守るため闘う弁護士 遠藤比呂通さん(59)

ほっとインタビュー2020年1月21日 13時04分
日雇い労働者の街で人権を守るため闘う弁護士 遠藤比呂通さん えんどう・ひろみちさん=1960年、山梨県生まれ。84年に東京大法学部助手となり、87年、東北大法学部助教授(憲法講座)。97年に弁護士となり、98年に「西成法律事務所」を開設。著書に『人権という幻―対話と尊厳の憲法学』『希望への権利―釜ヶ崎で憲法を生きる』など。

日雇い労働者の街・釜ケ崎(大阪市西成区あいりん地区)で、労働者やホームレス、在日コリアンら弱い立場の人に寄り添いながら、弁護士として21年間、活動を続ける。

27歳で東北大助教授(憲法学)に就職したが沖縄訪問をきっかけにクリスチャンとなり、36歳で大学を辞職。宣教師として働く決心をした。

釜ケ崎に移住後、現地で法律家が不足していると知って弁護士に。現在も労働者の権利を守るため、法律を武器に闘い続ける。

須藤久貴

33歳でクリスチャンになったのはなぜですか。

遠藤 私はもともと宗教的人間ではありませんでした。10代、20代の頃は違うものが「神」でした。名誉や権力に憧れ、検察官になりたくて東京大法学部に入りました。エリートになって立身出世したいという思いにとりつかれていたのです。

30代になり父が亡くなった頃、1992年12月に座談会の仕事があり、沖縄を初めて訪ねました。太平洋戦争中に集団自決があったチビチリガマ(読谷村にある鍾乳洞)の前に立った時、私は自分が当時、兵隊の一人だったらどうしていたかと考えました。きっと私は、日本兵がしたのと同じように、手りゅう弾を沖縄県民に手渡して、天皇陛下のためと称して集団自決の名のもと「虐殺」しただろう、という恐怖が襲ってきました。

自分は沖縄県民の側ではなく手りゅう弾を渡した側にいるのだと悔いたその時、私は初めて「祈り」をしました。その後、仙台に帰り、初めて神様に祈ってみました。「私は何をすればよいでしょうか」。すると答えがありました。「ルカによる福音書」には、自らを正しい人間とうぬぼれているパリサイ人(律法主義者)に向かって、なぜ悔い改めないのかとイエスが迫る場面があります。これを私は、知的エリートである自分に対するものとして受け止め、洗礼を受けました。

洗礼を受けた93年、英国に留学し、その時、宣教師になる決意をした。決心のきっかけは?

遠藤 ケンブリッジに留学していた時、神様から「大学を辞めろ」と言われているような気がして、それがずっと消えなくなりました。英国国教会の牧師に相談すると「神はそんなことは言わない。行き先が決まってから辞めるべきだ」と助言されました。

94年5月、牧師の代わりに現地の日本人学校の中学生約20人に話をする機会があり、水泳部だった中学時代の話をしました。バタフライが泳げなかったのに「泳げる」と…

つづきは2020年1月8日号をご覧ください

関東大震災朝鮮人虐殺証言集の編者 西崎雅夫さん

関東大震災朝鮮人虐殺証言集の編者 西崎雅夫さん

9月24日

1923年9月1日に発生した関東大震災では流言で多くの朝鮮人が虐殺された。東京都墨田区旧四ツ木橋近辺での聞き書き調査で、自警団・軍による虐殺を知った市民らは追悼を続け、2…

神話の魅力を伝える声優 小山茉美さん

神話の魅力を伝える声優 小山茉美さん

9月7日

アニメ「Dr.スランプ アラレちゃん」の主人公をはじめ数多くのアニメキャラクターを演じ、声優ブームをリードしてきた。 今、自ら台本を作り、語り継ぎたい物語がある。日本神話…

核廃絶を訴え続ける日本被団協代表委員 田中煕巳さん

核廃絶を訴え続ける日本被団協代表委員 田中煕巳さん

8月3日

原爆投下からもうすぐ75年――。あの日の長崎のことは今も決して忘れることはできない。被爆者として核兵器廃絶を訴え続けてきたが、自身も含め日本原水爆被害者団体協議会(日本被…

オンラインの発信 宗教文化リテラシーの重要性

社説9月25日

「9月ジャーナリズム」 深く歴史から学ぶこと

社説9月18日

修行の聖域 伝統的形態を護るためには

社説9月16日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加