PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2021
PR
墨跡つき仏像カレンダー2021

「音楽は世相を反映する」と語る音楽文化研究家 長田暁二さん(89)

ほっとインタビュー2020年2月3日 09時39分
「音楽は世相を反映する」と語る音楽文化研究家 長田暁二さん おさだ・ぎょうじさん=1930年、岡山県生まれ。駒澤大卒。数々のレコード会社に勤め、現在も音楽文化研究家として多くの著作を手掛ける。日本童謡協会童謡文化賞や板橋区民文化特別賞、日本レコード大賞の企画賞などを受賞。

寺の次男として生まれたが、レコード会社のディレクター・プロデューサーとして昭和の音楽業界を渡り歩いた。かつてはテレビ番組「月光仮面」の主題歌も手掛けた。音楽文化研究家としての著作は約500冊にも上る。

曹洞宗梅花流御詠歌のレコードなど様々な企画にも携わった経験があり、「とにかく何でもやってみる」がモットー。世相に応じた音楽を提案するとともに、音楽を通して世相を読む。よく知られた音楽から仏教的な背景を読み解けるとも指摘する。

佐藤慎太郎

昔から音楽好きだったのですか。

長田 岡山にある曹洞宗のお寺の次男として生まれました。今も足が変形しているのですが、3歳の時に汽車にひかれました。病院から退院して痛みで泣いてばかりいる私に対して、おやじがなけなしのお金でポータブル蓄音機を買ってきてくれたんです。自分一人でできるようにと針の落とし方を何回も何回も練習させられて、一日中それを聴いて育ちました。字も読めない頃でしたが「門前の小僧」のように自然と音楽に親しんでいました。

学校に行くような年になってもうまく歩けずに、周りからつえを取り上げられたりといじめられていました。友達もできず、このままじゃ駄目だと思っていた時でした。変われたきっかけは、学校の音楽の時間に「せいくらべ」を歌った時です。先生が「お前は耳が良い」と褒めてくれたのです。それからは授業で新しい曲を練習することになるたびに、まず「長田、歌え」と言ってくれて、そのことが自信につながりました。

本格的に音楽に携わるきっかけは。

長田 1948年に駒澤大に入学します。上京した際は戦災の影響がまだ残っており、トタン屋根や焼け残りの建物が並ぶ風景、そして東京駅に降り立つと富士山が見えたことを印象深く覚えています。

音楽好きだったので、コロムビアレコードのバンドボーイのバイトをしていたため、大学にはほとんど行きませんでした。そっちの方が面白くて。美空ひばりさんや藤山一郎さん、霧島昇さんたちのレコーディングの準備や片付けも経験できました。

卒業後はキングレコードに入社し、童謡を中心に担当しました。ちょうど歌謡曲がはやり始めて、子どもが童謡を歌わなくなった頃で、戦前の流行歌手のリバイバルなど、いろいろ工夫しなければなりませんでした。

75年にポリドールに、80年に徳間ジャパンにと、音楽関係の各社を少なくとも5社は渡り歩きま…

つづきは2020年1月22日号をご覧ください

空間全体を使い表現する美術家 大舩真言さん

空間全体を使い表現する美術家 大舩真言さん

12月8日

海外の主要都市での個展や、世界最高峰の現代アートフェア「アート・バーゼル」への出品など国内外で活躍する。作品は絵画や立体、空間全体の空気感に配慮したインスタレーションなど…

精神性を重視する武道家の初代タイガーマスク 佐山 聡さん

精神性を重視する武道家の初代タイガーマスク 佐山 聡さん

11月24日

「四次元プロレス」「空中殺法」。俊敏な動きと高い跳躍から繰り出される華麗な技は、プロレスファンならずとも見る人を魅了した。現在は原因不明の病に見舞われリハビリ中だが、前向…

祈りの造形を撮る「飛鳥園」社長 小川光太郎さん

祈りの造形を撮る「飛鳥園」社長 小川光太郎さん

11月9日

古美術写真の第一人者として、数多くの寺社文化財や仏教遺跡等を撮影し、飛鳥園を創業した小川晴暘氏(1894~1960)。孫で3代目社長の光太郎さんは、人々の祈りに焦点を当て…

PR

阪神淡路27回忌 未来に語り継ぐ課題

社説1月22日

宗教縁の時代 キーワードはソロ社会

社説1月20日

見える構造的課題 社会参画型仏教の現況から

社説1月15日
顔認証付き検温器「QHT」 PR
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加