PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第16回涙骨賞〈選考委員選評〉
PR
お知らせ 墨跡つき仏像カレンダー2020

写真の力で文化財保護に取り組む「東京カメラ部」代表 塚崎秀雄さん(50)

ほっとインタビュー2020年2月25日 09時17分
写真の力で文化財保護に取り組む「東京カメラ部」代表 塚崎秀雄さん つかざき・ひでおさん=1969年、東京都出身。米国カリフォルニア大バークレー校経営大学院卒(ハーススクールMBA1998)。東京カメラ部代表。A.T.カーニー、ソニーなどを経て2007年に起業。12年に審査制写真投稿サイトの東京カメラ部を立ち上げた。

ソーシャルメディアを活用したコミュニケーション設計を手掛ける一方で、延べ利用者数440万人の日本最大級の審査制写真投稿サイト「東京カメラ部」を運営。写真を用いた新たな魅力の発信による地域創生や、撮影マナーなどの諸問題に取り組んできた。

写真を撮る者として「文化財を残す」ことに貢献したいと考え、寺社と協力して文化財保護や観光公害に配慮したイベントを開催。寺社と写真家の双方にとって良い関係が築けるよう、橋渡し役を務めている。

原田梨里

ソーシャルメディアにおける写真の影響力とは。

塚崎 今はスマートフォンでSNS(会員制交流サイト)から情報を得る時代。写真はプロモーションの鍵を握っています。

スマートフォンが普及したことで誰でも気軽に写真を撮り、撮られた写真を見るようになりました。SNSは写真が発表される場所。情報が届くかどうかは写真に左右されるほど、影響力があります。

個人の投稿はごく一部の人にしか見られないため、発表の場を提供したいと思い審査制写真投稿サイト「東京カメラ部」を立ち上げました。サイトを通じて写真・カメラへの高感度層の多数のファンとつながることで、効果的な写真の選定と発信をサポートすることができています。

地域創生などにも取り組まれていますね。

塚崎 写真家は「独自の目線で見つけ出し、切り取る力」にたけている。写真は見る人にストレートに魅力を伝えられますし、そこへ行かなければ撮れません。地元の人が気付かなかった魅力を見つけて伝えることで、住民は町に誇りを持ち、より良くしようと努力して集客につながる。そんな良いサイクルを築きたいと取り組んでいます。

一部の撮影者の配慮に欠けた撮影行為によるトラブルは、見逃せない問題です。北海道美瑛町では、撮影者の農地への立ち入りが問題となっていました。美瑛町は農業の町ですが、観光業も重要な産業です。農業と観光業の折り合いという課題に対して、自治体と連携して撮影マナー策定と周知を行い、「写真の撮りやすいまちづくり」を進めました。

文化財の保護に取り組み始めたきっかけは。

塚崎 「風景写真の撮影マナー」策定を通して、「文化財の撮影マナー」も考えていく必要があると思いました。

お寺ではカメラが嫌われる傾向にあり、三脚や一脚が禁止の所も多い。このままでは撮影禁止になりかねませんし、私自身もそれは絶対に嫌だ(笑い)。ルールを…

つづきは2020年2月12日号をご覧ください

核廃絶を訴え続ける日本被団協代表委員 田中煕巳さん

核廃絶を訴え続ける日本被団協代表委員 田中煕巳さん

8月3日

原爆投下からもうすぐ75年――。あの日の長崎のことは今も決して忘れることはできない。被爆者として核兵器廃絶を訴え続けてきたが、自身も含め日本原水爆被害者団体協議会(日本被…

「納得のいく死」を考え続ける解剖医 池谷博さん

「納得のいく死」を考え続ける解剖医 池谷博さん

7月7日

犯罪死の見逃しを防ぐ役割が期待される解剖医(法医学医師)として年間約150体の解剖に従事する。臨床宗教師と共に突然死した人の遺族の心のケアを考える勉強会を今月に立ち上げ、…

神道の世界を伝える「唄ひ手」 涼恵さん

神道の世界を伝える「唄ひ手」 涼恵さん

6月22日

自然やヒトへの感謝など神道の教えを言霊にして歌い上げる。自ら作詞作曲を手掛ける曲は、自分ではない大きなものから頭の中に流れ込んでくるのだという。そうしてできた独特の音楽を…

慰霊式は簡素化しても 歴史を振り返る8月に

社説8月5日

どこに希望があるか 核軍事体制とコロナ後の世界

社説7月31日

愛国心の悪用 共生に逆らう動き警戒を

社説7月29日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加