PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
宗教文化講座2020 墨跡つき仏像カレンダー2020

写真の力で文化財保護に取り組む「東京カメラ部」代表 塚崎秀雄さん(50)

ほっとインタビュー2020年2月25日 09時17分
写真の力で文化財保護に取り組む「東京カメラ部」代表 塚崎秀雄さん つかざき・ひでおさん=1969年、東京都出身。米国カリフォルニア大バークレー校経営大学院卒(ハーススクールMBA1998)。東京カメラ部代表。A.T.カーニー、ソニーなどを経て2007年に起業。12年に審査制写真投稿サイトの東京カメラ部を立ち上げた。

ソーシャルメディアを活用したコミュニケーション設計を手掛ける一方で、延べ利用者数440万人の日本最大級の審査制写真投稿サイト「東京カメラ部」を運営。写真を用いた新たな魅力の発信による地域創生や、撮影マナーなどの諸問題に取り組んできた。

写真を撮る者として「文化財を残す」ことに貢献したいと考え、寺社と協力して文化財保護や観光公害に配慮したイベントを開催。寺社と写真家の双方にとって良い関係が築けるよう、橋渡し役を務めている。

原田梨里

ソーシャルメディアにおける写真の影響力とは。

塚崎 今はスマートフォンでSNS(会員制交流サイト)から情報を得る時代。写真はプロモーションの鍵を握っています。

スマートフォンが普及したことで誰でも気軽に写真を撮り、撮られた写真を見るようになりました。SNSは写真が発表される場所。情報が届くかどうかは写真に左右されるほど、影響力があります。

個人の投稿はごく一部の人にしか見られないため、発表の場を提供したいと思い審査制写真投稿サイト「東京カメラ部」を立ち上げました。サイトを通じて写真・カメラへの高感度層の多数のファンとつながることで、効果的な写真の選定と発信をサポートすることができています。

地域創生などにも取り組まれていますね。

塚崎 写真家は「独自の目線で見つけ出し、切り取る力」にたけている。写真は見る人にストレートに魅力を伝えられますし、そこへ行かなければ撮れません。地元の人が気付かなかった魅力を見つけて伝えることで、住民は町に誇りを持ち、より良くしようと努力して集客につながる。そんな良いサイクルを築きたいと取り組んでいます。

一部の撮影者の配慮に欠けた撮影行為によるトラブルは、見逃せない問題です。北海道美瑛町では、撮影者の農地への立ち入りが問題となっていました。美瑛町は農業の町ですが、観光業も重要な産業です。農業と観光業の折り合いという課題に対して、自治体と連携して撮影マナー策定と周知を行い、「写真の撮りやすいまちづくり」を進めました。

文化財の保護に取り組み始めたきっかけは。

塚崎 「風景写真の撮影マナー」策定を通して、「文化財の撮影マナー」も考えていく必要があると思いました。

お寺ではカメラが嫌われる傾向にあり、三脚や一脚が禁止の所も多い。このままでは撮影禁止になりかねませんし、私自身もそれは絶対に嫌だ(笑い)。ルールを…

つづきは2020年2月12日号をご覧ください

河内音頭を40年唄い続ける大阪夏の顔 河内家菊水丸さん

河内音頭を40年唄い続ける大阪夏の顔 河内家菊水丸さん

3月12日

今年でプロデビュー40年目を迎える伝統河内音頭継承者。盆踊りが盛んな大阪・河内地方を中心に、夏はほぼ休みなしで櫓に上り、音頭を取る。 毎年盆踊りで大勢が踊る和宗総本山四天…

「音楽は世相を反映する」と語る音楽文化研究家 長田暁二さん

「音楽は世相を反映する」と語る音楽文化研究家 長田暁二さん

2月3日

寺の次男として生まれたが、レコード会社のディレクター・プロデューサーとして昭和の音楽業界を渡り歩いた。かつてはテレビ番組「月光仮面」の主題歌も手掛けた。音楽文化研究家とし…

日雇い労働者の街で人権を守るため闘う弁護士 遠藤比呂通さん

日雇い労働者の街で人権を守るため闘う弁護士 遠藤比呂通さん

1月21日

日雇い労働者の街・釜ケ崎(大阪市西成区あいりん地区)で、労働者やホームレス、在日コリアンら弱い立場の人に寄り添いながら、弁護士として21年間、活動を続ける。 27歳で東北…

修行の「厳しさ」 現代社会における価値

社説4月1日

地下鉄サリン事件25年 語り継ぐべきものの選択

社説3月27日

“復興五輪”の下で 原発事故への怒りやまず

社説3月25日
このエントリーをはてなブックマークに追加