PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
今年度「宗教文化講座」中止のおしらせ
PR
宗教文化講座中止のお知らせ 墨跡つき仏像カレンダー2020

釈尊の慈悲心を二胡の調べと共に伝える 姜暁艶さん

ほっとインタビュー2020年4月20日 13時23分
釈尊の慈悲心を二胡の調べと共に伝える 姜暁艶さん ジャン・ショウイェンさん=1965年、中国・大連市生まれ。5歳から二胡を中心に楽器や歌、踊りを学ぶ。遼寧中医大の修士課程修了。97年に広島大の客員研究員として来日し、2002年に医学博士(広島大)を取得。二胡演奏を中心に作曲、舞台監督などの総合プロデューサー、ファッションデザイナーとして活躍。国内外でコンサートと講演会を開催し、CDも17枚リリース。二胡音楽院院長、響社長、音楽療法Life&Peace主宰などを務める。

コンサートばかりでなく、多くの生徒に二胡を教える姜さんは医学博士でもあり、音楽療法を実践している。仏教と出会い、心が救われたという姜さんは「仏教の神髄をもっと勉強したい。今はその途中です」と話す。

二胡はほかの弦楽器に比べて「休息」をつかさどる副交感神経を活性化させる高周波音が豊富な楽器だそうだ。ストレスを多く抱え、交感神経優位の状態が続く人には、二胡の音色が自律神経のバランスを整え、心身の状態を正常に近づける役割を果たすという。

萩原典吉

日本に来たのは。

 中国では循環器系の医師として救命士を務めていました。救急現場では日本の薬を使うことが多く、准教授になる前に、日本で電子顕微鏡を使って細胞レベルの研究がしたかったからです。

仏教との出会いは。

 東京で医学会の発表のために泊まったホテルで、仏教伝道協会の『仏教聖典』に出会いました。振り仮名が付いていて、初めは日本語の勉強のつもりで読んでいましたが、仏教に興味を持ち始めました。当時は広島大の医学研究室の図書室で医学と仏教をテーマにした本を見つけ「えっ? 医学と仏教は関係があるの?」と思いました。

来日されて、あまりたっていない頃ですね。

 中国では、心筋梗塞や脳梗塞など命を助ける仕事をして、病院の中では存在感がある医者になりました。それが来日して、天から地に落ちたような生活になりました。日本語ができずに研究では言語の壁も厚く、日常の生活も寂しく、心身共につらかったです。本当に何も分からなかった。生まれたばかりの赤ちゃんのような私は、新しい世界で不安に悩む毎日でした。

でも仏教の本を読むのが面白くなり、自分の中で仏教の存在感が大きくなっていきました。

その頃から二胡の演奏会も開かれていましたね。

 お寺からも演奏を依頼されるようになり、中でも広島音楽高(浄土真宗本願寺派安芸教区の関係学校、現在は休校中)でのコンサートが大きな転機になりました。コンサートの前にお勤めや献華が行われるのをバックステージで見て、真宗宗歌が歌われ、すごく荘厳な雰囲気で、不思議に涙が出そうになりました。仏教讃歌に魅力を感じ、仏教讃歌のCDを制作し、真面目に仏教と向き合うようになりました。

誰か先生に就いて学んだのではなく、本を通して仏教に傾倒したと。

 仏教書を読みながら、自分の心を一つずつ掃除していった感じです。少しずつ心…

つづきは2020年4月8日号をご覧ください

生と死を統合する生き方を目指す医師 帯津良一さん

生と死を統合する生き方を目指す医師 帯津良一さん

5月25日

東京大を卒業後、当時がん治療の最先端だった都立駒込病院でメスを振るった。しかし西洋医学の限界を感じ、中国医学を学ぶため北京に渡った。現地では胸がぱっかりと開いた患者から挨…

葬祭文化の地位向上・発展を図る全葬連会長 石井時明さん

葬祭文化の地位向上・発展を図る全葬連会長 石井時明さん

5月12日

17歳の時に葬儀社を継承し、以降約50年もの間、葬祭業に携わる。全国57事業協同組合が加入する葬儀社ネットワーク・全日本葬祭業協同組合連合会(以下、全葬連)の会長を務める…

身延山久遠寺に参り続ける元大関魁皇 浅香山博之さん

身延山久遠寺に参り続ける元大関魁皇 浅香山博之さん

4月7日

通算勝ち星1047。幕内在位は歴代最多の107場所を数え、大関を10年以上張り続けた。子どもの頃からの怪力は取り組みでも発揮され、右上手を取ったときの強さは他を圧倒。横綱…

「弱さ」を見つめる 「孤立化」克服する宗教の力

社説6月3日

新しい生活様式と宗教 IT時代の在り方の確立を

社説5月29日

21世紀の宗教的課題 どの課題と取り組むか

社説5月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加