PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第18回「涙骨賞」を募集
PR
中外日報宗教文化講座2021 第18回「涙骨賞」を募集

葬祭文化の地位向上・発展を図る全葬連会長 石井時明さん(63)

ほっとインタビュー2020年5月12日 09時06分
葬祭文化の地位向上・発展を図る全葬連会長 石井時明さん いしい・ときあきさん=1956年、神奈川県秦野市生まれ。高校卒業と同時に先代社長が創業したさがみ葬儀社に入社。93年に富士見斎場を設立。全日本葬祭業協同組合連合会では理事、副会長などを経て2018年から会長。東京オリンピック・パラリンピック多宗教センター委員会委員も務める。

17歳の時に葬儀社を継承し、以降約50年もの間、葬祭業に携わる。全国57事業協同組合が加入する葬儀社ネットワーク・全日本葬祭業協同組合連合会(以下、全葬連)の会長を務める。

現場を熟知しているからこそ、近年では葬儀の形と遺族らのニーズの目まぐるしい変化を感じ取っているという。

「葬祭業こそ天職だ」と自覚する自身の経験から、日本人の「祈る気持ち、見送りの心」と葬儀の実情、いま宗教者らに求められる対応について語った。

奥岡沙英子

17歳から葬祭業に携わっておられますが、そのきっかけは。

石井 父が脱サラをして、42歳の時に創業したのが「さがみ葬儀社」でした。その2年後に父は心筋梗塞で亡くなりました。当時高校2年生だった私は父が命懸けで開いた会社をつぶすわけにはいかないと思い、家業を継承しました。

当初は母が経営面を担い、私は現場で働いていました。今と違って自宅で葬儀を行っていたので、夏や冬は外仕事で大変だったのを覚えています。葬儀は昔、故人の隣近所に住む方が大勢手伝いに訪れる一大行事でした。現在ではホールや式場で行うことが多く、その分ご遺族の方もゆっくりとお見送りができる環境になったと思います。

当時も今も、これまで生きてきた人をお見送りする仕事に対しての誇りは変わりません。私にとっての天職だと考えています。

印象に残っている式はありますか。

石井 やはり、お経を上げ、法話をしていただくことも大切ですが、遺族や故人に対する言葉の有無で印象は大きく変わると思います。

何年も前に、ある方の葬儀で僧侶が導師を勤め引導を授けた後、故人の人生がどのようなものであったか語っていらっしゃいました。そして故人がこれから浄土に向かうのだというお見送りの言葉を述べていた姿は今でも覚えています。

数多くある葬儀のうちの一つではなく、亡くなった「個人」に対するたった一度の儀式であるという印象が深く残った出来事でした。ほんの少し言葉を掛けていただくだけで「このお坊さんはちゃんと私たちのことを見てくれた」という信頼感が生まれるのだと実感しました。近年では非常に丁寧で誠実な対応をされる宗教者と、そうでない方の差があるように感じます。

近頃「宗教者を呼ばない葬儀」も話題になっています。

石井 確かに現場では時折「宗教者は必要ない」というご遺族の声も耳にします。しかし実際のところ、いわゆる無宗…

つづきは2020年4月22日号をご覧ください

ダウン症の書家 金澤翔子さん

ダウン症の書家 金澤翔子さん 母・泰子さん

8月2日

書家の金澤翔子さんはダウン症のため、小学4年の時、普通学級から身障者学級へ転校することになった。落胆した母の泰子さんは娘に般若心経276文字を筆写させた。翔子さんは母を悲…

寺社での和婚式を復興した京鐘社長 辻順子さん

寺社での和婚式を復興した京鐘社長 辻順子さん

5月31日

結婚式はホテルやチャペルでの挙式が中心だった時代に、寺社での挙式の復興に奮闘し、近年の和婚ブームの火付け役となった。和婚式のプロデュースや衣装のレンタルを手掛ける京鐘の社…

現場の視点に立って貧困問題に取り組む 大西連さん

現場の視点に立って貧困問題に取り組む 大西連さん

4月26日

NPO「自立生活サポートセンター・もやい」の理事長として、野宿者のアパート入居支援や生活困窮者の相談支援、社会的孤立を防ぐための交流事業、社会の仕組みを変えるための政策提…

かつて日本が辿った道 香港民主派の大量辞職に憂慮

社説7月30日

いのちの重み伝える やまゆり園事件から5年

社説7月28日

コロナ禍の死者を悼む 悲しみを共にする場が必要

社説7月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加