PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第18回「涙骨賞」を募集
PR
中外日報宗教文化講座2021 第18回「涙骨賞」を募集

龍谷大犯罪学研究センター長 石塚伸一さん(65)

ほっとインタビュー2020年6月9日 09時51分
龍谷大犯罪学研究センター長 石塚伸一さん (龍谷大提供) いしづか・しんいちさん=1954年、東京都生まれ。中央大大学院博士課程退学後、九州大で博士(法学)学位取得。北九州市立大教授を経て98年から龍谷大教授。現在、同大犯罪学研究センター長、日本犯罪社会学会会長。

法学者として受刑者の矯正・保護や宗教教誨、死刑、薬物依存などの問題を長年研究し、龍谷大が設置する犯罪学研究センター長として、犯罪予防と対人支援を軸とした犯罪を巡る多様な研究活動を統括する。

死刑の再審請求にも関わっているが、罪を犯した人々との出会いを通して近年、「善意」=「知らないこと」、「悪意」=「知っていること」という法学上の考え方を手掛かりに、浄土真宗が説く「悪人正機」の教説の意味がふに落ちるようになったという。

池田圭

「善意」=「知らないこと」、「悪意」=「知っていること」とはどういう意味なのでしょうか。

石塚 僕はドイツで勉強したのですが、ドイツでは「知る」には「善い知る」と「悪い知る」があると考える。日本語では「善い知る」の人を「善意者」、「悪い知る」の人を「悪意者」と訳すのですが、それが法律用語としてずっとふに落ちなかった。

例えば「善意の第三者」という言葉がある。盗まれた時計を買った場合、「盗まれた時計であることを知らない善意の第三者なら時計は取得できる。しかし、知っている悪意の場合には所有権は移動しない」みたいな話を民法ではするんですが、僕は「善意の第三者ってばかなやつ。もう少しきちんと調べてから買えよ」と昔は思っていた。

しかし「これは誰のものか」と考えて買った方が悪意になる。法律上の善悪は倫理的・道徳的な価値判断じゃないんです。

そうしたことを浄土真宗の大学である龍谷大に在籍しながら、親鸞さんの「善人なおもて往生をとぐ、いわんや悪人をや」の悪人正機説と合わせて考える中で、10年くらい前から「善意は知らない」「悪意は知っている」という、ただそれだけの意味として捉えるようになりました。「ただありのままに知っている状態と、知らない状態がある」と考えると納得がいく。

二元論的な善悪の話ではないと。

石塚 人間は皆、人に迷惑をかけて生きている。生きていることそれ自体が人にとって迷惑。自分は罪深い者。

だとすると、善人は「善いことや徳を積み重ねているような人」「悪いことなんてしていない真面目に生きている」という人。しかし、自分がみんなに迷惑をかけていることに気付いてはいない。

他方、悪意の人は自分がみんなに迷惑をかけていることを知っている。であるなら、知らずに徳を積んできた人が救われるなら、それに気付いた人は当然でしょうと。

僕が宗教教誨と…

つづきは2020年5月27日号をご覧ください

ダウン症の書家 金澤翔子さん

ダウン症の書家 金澤翔子さん 母・泰子さん

8月2日

書家の金澤翔子さんはダウン症のため、小学4年の時、普通学級から身障者学級へ転校することになった。落胆した母の泰子さんは娘に般若心経276文字を筆写させた。翔子さんは母を悲…

寺社での和婚式を復興した京鐘社長 辻順子さん

寺社での和婚式を復興した京鐘社長 辻順子さん

5月31日

結婚式はホテルやチャペルでの挙式が中心だった時代に、寺社での挙式の復興に奮闘し、近年の和婚ブームの火付け役となった。和婚式のプロデュースや衣装のレンタルを手掛ける京鐘の社…

現場の視点に立って貧困問題に取り組む 大西連さん

現場の視点に立って貧困問題に取り組む 大西連さん

4月26日

NPO「自立生活サポートセンター・もやい」の理事長として、野宿者のアパート入居支援や生活困窮者の相談支援、社会的孤立を防ぐための交流事業、社会の仕組みを変えるための政策提…

かつて日本が辿った道 香港民主派の大量辞職に憂慮

社説7月30日

いのちの重み伝える やまゆり園事件から5年

社説7月28日

コロナ禍の死者を悼む 悲しみを共にする場が必要

社説7月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加