PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第18回「涙骨賞」を募集
PR
中外日報宗教文化講座2021 第18回「涙骨賞」を募集

神道の世界を伝える「唄ひ手」 涼恵さん

ほっとインタビュー2020年6月22日 09時26分
神道の世界を伝える「唄ひ手」 涼恵さん すずえさん=ブラジル生まれ。小野八幡神社(神戸市中央区)権禰宜。2007年に米国・ニューヨークのカーネギーホールでリサイタルを行った。独自の音楽世界は国外でも高い評価を受ける。最新アルバムに「楽園」(ユニバーサルミュージックジャパン)、新刊に随想集『言霊の響き』(神社新報ブックス)がある。

自然やヒトへの感謝など神道の教えを言霊にして歌い上げる。自ら作詞作曲を手掛ける曲は、自分ではない大きなものから頭の中に流れ込んでくるのだという。そうしてできた独特の音楽を、自らが依り代となり「唄ひ手」として世界に伝えている。

人見知りで幼い頃には自分のためだけに歌っていた。それが神職になり、自分の存在の背後にあるものの大きさを知った時、誰かに伝えたいものに変わっていった。音楽活動をする根本には神職としての自分がいる。

甲田貴之

歌うようになったきっかけは。

涼恵 産声を上げた時から歌は私と共にありました。幼い頃、多感でありつつも人と接することは怖く、自分の感情を表に出すことはできず、いつも花や木をめでて過ごしていました。そんな私にとって喜怒哀楽を表現する方法が歌でした。

自分の中で様々な感情が湧き上がっていて、それを言葉で伝えようとすると、伝えきれずに「考え過ぎだよ」なんて言われて遮られてしまっていました。しかし歌であれば、湧き上がる思いをどれだけ歌っても許されるように感じました。自分が生きるために歌っていました。

民族音楽や雅楽、フォルクローレなど歌のないインストゥルメンタルが好きで、幼い頃に歌っていたのも既存の歌謡曲ではなく、自分のオリジナルソングでした。

言葉を発した時のバイブレーションや周波数の変化に引かれ、将来は声を使った表現者になりたいと思っていました。ただ、歌の教室にも通っていましたが、やはり自己PRをするのが得意ではなかったです。しかし、19歳の時に神職の資格を取り、考え方が一変しました。自分のために歌っていたものが、日本の文化や伝承、家族の素晴らしさなどを誰かに伝えたいと思うようになったのです。そして、私自身がこの思いを伝えるツールであると認識し、これまであった「我」が取れた時に人前で歌えるように変わりました。

神職の資格を取ろうと思ったのは。

涼恵 父が兵庫県の小野八幡神社の宮司をしていたので、神社で育ちました。神社という場所が好きで、神社の仕事を手伝うことが大好きでした。ただ、女性が神職になれるとは知りませんでした。高校卒業後はイギリス遊学や自分のルーツを見つめるための親族巡りなどをしていました。

そんな時、神職だったいとこから女性も神職になれると聞いて、國學院大の講習会への参加を決めました。日本の国民のために祈ってくださっている天皇…

つづきは2020年6月10日号をご覧ください

仏教講談も演じる講談師 一龍斎貞鏡さん

仏教講談も演じる講談師 一龍斎貞鏡さん

9月27日

源平合戦や赤穂義士伝といったおなじみの演目に加え仏教講談を得意とし、僧侶と結婚してからも弘法大師、法然上人、日蓮聖人など様々な宗祖を高座に上げる。男性が築き上げてきた伝統…

古典から近代を読み解く文芸批評家 安藤礼二さん

古典から近代を読み解く文芸批評家 安藤礼二さん

8月23日

折口信夫の『死者の書』を起点に近代思想家の思索をたどり、古代から近代をつなぎ合わせる。古今東西の書物をひもとき「書くことは読むこと」との信念で執筆する。空海『三教指帰』を…

ダウン症の書家 金澤翔子さん

ダウン症の書家 金澤翔子さん 母・泰子さん

8月2日

書家の金澤翔子さんはダウン症のため、小学4年の時、普通学級から身障者学級へ転校することになった。落胆した母の泰子さんは娘に般若心経276文字を筆写させた。翔子さんは母を悲…

欲望と宗教心 仏性は自覚されて働く

社説9月22日

「テロとの戦い」の錯誤 宗教者の平和活動の意義

社説9月17日

東京五輪の光と闇 開催理念の再確認を

社説9月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加