PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第18回「涙骨賞」を募集
PR
第18回「涙骨賞」を募集 翠雲堂

信仰集団「イエスの方舟」責任者 千石まさ子さん(88)

ほっとインタビュー2020年10月27日 09時08分
信仰集団「イエスの方舟」責任者 千石まさ子さん せんごく・まさこさん=1932年、神戸市出身。19歳で剛賢氏と結婚。刃物の研磨の仕事をしながら聖書研究を始めたのがイエスの方舟のきっかけ。クラブ「シオンの娘」は2020年7月に移転・再オープンした。店長は実の娘・恵さん。

1979~80年に世間をにぎわした信仰集団「イエスの方舟」。千石剛賢氏(1923~2001)が主宰し、家を飛び出した若い女性たちが身を寄せ、警察やメディアを巻き込んで騒動となった。剛賢氏の妻で現在責任者のまさ子さんは40年前の騒動を「親子の改革だった」と振り返る。

岩本浩太郎

1979~80年の騒動を今振り返ってみて、一体何だったのでしょうか。

千石 親子の改革ですね。それまでの親子の在り方から聖書にのっとった形にしたいという願いが根底にありました。聖書には「親は子を怒らせてはならない」とあります。子を刺激してはいけないということです。子どもを正しい意味で方向付けしていたら怒らせることはない。

当時、イエスの方舟に対してなぜ親を悲しませるのかとの批判がありました。

千石 私は子の立場に立ちました。子が家を飛び出し、「死にたい」などと言う。それはとてもおかしいことです。ずっと親のそばにいたいと思うのが自然の情でしょう。だから私は子を守ってあげたいと思いました。

世間と対立した形となってしまった。

千石 誤解を解きたいのはやまやまなんです。でも主人も心臓病の持病があって、それが十分にできなかった。あの時、申し訳ないという気持ちはあった。子どもが聖書を勉強して、自らの人生を完成させた時に必ず親元に帰り親孝行するとの信念がありました。子どもは親不孝をしたのとは違います。

80年7月に逮捕状が出た剛賢氏(後に不起訴)が出頭しようとするのを、信者の女性たちが必死に引き留めようとしますね。

千石 唯一、私たちの側に立って論陣を張ったサンデー毎日さんが困っていらした。サンデー毎日さんの呼び掛けで当時私たちは熱海の旅館にいましたが、そこにこもったままだとサンデー毎日さんが監禁させたことになる。主人も迷惑を掛けたらいけないからと子どもたちを説得したのですが、聞き入れない。そうこうしているうちに主人が心臓病で倒れ、子どもたちが家庭に戻されることになった。

私は迷惑を掛けてまで私たちの主張を貫くことは絶対いけないと思いました。子どもたちには一度家庭に戻って、改めてその後の生き方を考えてほしいと説得しました。

つづきは2020年10月14日号をご覧ください

仏教講談も演じる講談師 一龍斎貞鏡さん

仏教講談も演じる講談師 一龍斎貞鏡さん

9月27日

源平合戦や赤穂義士伝といったおなじみの演目に加え仏教講談を得意とし、僧侶と結婚してからも弘法大師、法然上人、日蓮聖人など様々な宗祖を高座に上げる。男性が築き上げてきた伝統…

古典から近代を読み解く文芸批評家 安藤礼二さん

古典から近代を読み解く文芸批評家 安藤礼二さん

8月23日

折口信夫の『死者の書』を起点に近代思想家の思索をたどり、古代から近代をつなぎ合わせる。古今東西の書物をひもとき「書くことは読むこと」との信念で執筆する。空海『三教指帰』を…

ダウン症の書家 金澤翔子さん

ダウン症の書家 金澤翔子さん 母・泰子さん

8月2日

書家の金澤翔子さんはダウン症のため、小学4年の時、普通学級から身障者学級へ転校することになった。落胆した母の泰子さんは娘に般若心経276文字を筆写させた。翔子さんは母を悲…

一人の選択と責任 地球の明日を生きるために

社説10月22日

AID出生者の苦悩 寄り添いと技術の歯止めを

社説10月21日

因果論活用の限界 宗教的な共生の意志こそ

社説10月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加