PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2021
PR
墨跡つき仏像カレンダー2021

精神性を重視する武道家の初代タイガーマスク 佐山 聡さん(62)

ほっとインタビュー2020年11月24日 09時46分
精神性を重視する武道家の初代タイガーマスク 佐山 聡さん さやま・さとるさん=1957年、山口県出身。17歳で新日本プロレス入門。イギリス等で活躍した後、81年にタイガーマスクとしてデビュー。99年に精神武道「掣圏真陰流」を創始し総監に就任。日蓮宗本山妙成寺や神田神社との共同活動も行っている。

「四次元プロレス」「空中殺法」。俊敏な動きと高い跳躍から繰り出される華麗な技は、プロレスファンならずとも見る人を魅了した。現在は原因不明の病に見舞われリハビリ中だが、前向きな気持ちに変化はないと言い切る。その秘訣は心を平静に保つために続けてきた精神修養だった。

有吉英治

精神性を重視するようになったきっかけは。

佐山 高校の時、アマチュアレスリングをやっていて、プレッシャーとかなくて先輩にも勝ったりしてたんです。その後、19歳でキックボクシングを始めたのですが、始めて3カ月で全米1位の選手とやってくれと言われて。勝てるわけないんですけど(笑い)。試合前は怖くて緊張してガチガチになってたんです。でもリングに上がった瞬間から、そんなの全くなくなって。結局7回ダウンを取られて判定で負けはしたんですけど、何度ダウンしても立ち向かっていけたんですね。その気持ちの差って何なんだろうって不思議だったんです。

選手を教える立場になって、練習ではものすごく強いのに本番に弱い選手っているんですよね。それって何かなってますます考えるようになって。そしたら精神的なことばっかり気になりましてね。

それから修斗という格闘技を作ったんですが、その時はまだ20代で若かったこともあり、技や理念は教えられても、戦いに臨む時の精神については教える割合が少なかったのです。選手が試合前に怖いのはなぜか。格闘技は全身を使いますから、リラックスし過ぎてもいけない。どうしたらいいのかと突き詰めていったんです。

本を読んでも、不動心とは柳のようなものだといったようなことは書いてありますが、具体的にどうすればいいかは書いてない。いろいろな分野の本を読んでいった結果、医学とか心理学の本にしか書いてなかったんですね。

どうすれば強い精神をつくれるのですか。

佐山 脳波の状態などを勉強していくうちに、不動心とはシータ波の出ている状態のことではないかと考えるようになりました。シータ波を出すには、気持ちを集中させ、さらに集中を深めて「没入」していけばいいんです。没入するといろんな雑念が取り払われ、怖いとか、負けるのではないか、といった意識もなくなって、本来の力が出せるのです。

昔の武芸者が洞窟に入って修行したという話を聞きますが、それも没入のための方法だったのでしょう。没入するために僕は催眠という方法を取っていますが、…

つづきは2020年11月11日号をご覧ください

空間全体を使い表現する美術家 大舩真言さん

空間全体を使い表現する美術家 大舩真言さん

12月8日

海外の主要都市での個展や、世界最高峰の現代アートフェア「アート・バーゼル」への出品など国内外で活躍する。作品は絵画や立体、空間全体の空気感に配慮したインスタレーションなど…

祈りの造形を撮る「飛鳥園」社長 小川光太郎さん

祈りの造形を撮る「飛鳥園」社長 小川光太郎さん

11月9日

古美術写真の第一人者として、数多くの寺社文化財や仏教遺跡等を撮影し、飛鳥園を創業した小川晴暘氏(1894~1960)。孫で3代目社長の光太郎さんは、人々の祈りに焦点を当て…

信仰集団「イエスの方舟」責任者 千石まさ子さん

信仰集団「イエスの方舟」責任者 千石まさ子さん

10月27日

1979~80年に世間をにぎわした信仰集団「イエスの方舟」。千石剛賢氏(1923~2001)が主宰し、家を飛び出した若い女性たちが身を寄せ、警察やメディアを巻き込んで騒動…

PR

見える構造的課題 社会参画型仏教の現況から

社説1月15日

緊急事態宣言再び 宗教界からのメッセージ

社説1月13日

コロナ禍の課題 宗教の価値を説くべき時

社説1月8日
顔認証付き検温器「QHT」 PR
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加