PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第18回「涙骨賞」を募集
PR
第18回「涙骨賞」を募集 翠雲堂

プロ野球最年長勝利投手 山本昌さん(56)

ほっとインタビュー2021年11月22日 09時17分
プロ野球最年長勝利投手 山本昌さん やまもと・まささん=1965年、東京都生まれ。日大藤沢高卒。84年、ドラフト5位で中日ドラゴンズに入団。最多勝3回、最優秀防御率、沢村賞などを受賞。2015年9月引退。49歳25日でプロ野球最年長勝利記録を更新。通算219勝。

日本球界を代表するレジェンド左腕。「中年の星」と呼ばれ、50歳で引退するまで現役で活躍した。32年間投げ続けることができたのは、小さな努力を重ねたからという。トレーニングだけではなく、毎朝の読経や小さなルール。野球にうそをつかず、日常の生活から正していく。活躍の鍵は日々の生活の中にあった。

赤坂史人

219勝という偉大な記録を残しましたが、幼少からご活躍を?

山本 実は小学校、中学校は補欠でした。ただ好きなものを頑張ってやるという気持ちはありましたので、いつもギリギリのところで上に行けたということはありましたね。それから、自分に何が足りないかを見つけることがうまかったのかもしれません。当然、両親に強い体に生んでもらったということもありますし、オタク気質というか、やり始めると根を詰めるタイプなので、それも良かったのかなと思っています。ただ高校からプロに上がった初日のキャンプでは、レベルの違いに衝撃を受けました。それでもプロ野球選手になるのは小さい頃からの夢でしたので、頑張らなきゃと思って続けました。

入団5年目の野球留学が大きかった?

山本 今のように衛星中継があるわけでもなく、日本とアメリカの野球は全然関係ありませんでした。こうした中、(当時の)星野仙一監督に「アメリカでやってこい!」と言われた時はがくぜんとしました。それでも(ドジャースの世話役の)アイク生原さんらに出会えて、知らないうちに変わっていきました。置かれた環境や境遇で頑張るということが大事です。プロ野球はドラフト会議があって選手はチームを選ぶ権利はありません。僕はたまたまドラゴンズだったからこそ、このようになれたと思う。一つチームが変わっていたら全く違った野球人生になった選手もたくさんいると思うんですよね。運とか縁とか、人生は一回しかないので、その中で変わっていくしかないと思っていますね。

日蓮宗の僧侶との出会いも大きく人生を変えた?

山本 日蓮宗のお寺に助けていただいたんです。米国留学の前年で、これが劇的でした。僕はその頃、毎年春先は1軍にいるけど、けがをして、その年は2軍にいるパターンが3、4年目でした。そこではり治療に行くと、必ずいる人がいて、その人が相談に乗ってくれ、お祓いに連れていってくれました。その時に占いをしてくれた(日蓮宗関係の)方が、親戚の中に成仏していない人がいるとの(具体的な死に際…

つづきは2021年11月10日号をご覧ください

選手のメンタルを指導するスポーツ心理学者 荒木香織さん

選手のメンタルを指導するスポーツ心理学者 荒木香織さん

10月28日

ラグビー日本代表のメンタルコーチとして2015年のワールドカップでの大躍進を支えた。五郎丸歩選手のプレ・パフォーマンス・ルーティンの指導で一躍有名に。大学でスポーツ心理学…

仏教講談も演じる講談師 一龍斎貞鏡さん

仏教講談も演じる講談師 一龍斎貞鏡さん

9月27日

源平合戦や赤穂義士伝といったおなじみの演目に加え仏教講談を得意とし、僧侶と結婚してからも弘法大師、法然上人、日蓮聖人など様々な宗祖を高座に上げる。男性が築き上げてきた伝統…

古典から近代を読み解く文芸批評家 安藤礼二さん

古典から近代を読み解く文芸批評家 安藤礼二さん

8月23日

折口信夫の『死者の書』を起点に近代思想家の思索をたどり、古代から近代をつなぎ合わせる。古今東西の書物をひもとき「書くことは読むこと」との信念で執筆する。空海『三教指帰』を…

情報のTsunami 救済は全人的知に基づく

社説12月3日

WCRP50年 新たな10年へ行動目標

社説12月1日

見えざるものの力 死者との関係を取り戻す

社説11月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加