PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

仏典を専門とする翻訳家 大竹晋さん(47)

ほっとインタビュー2022年2月28日 09時19分
仏典を専門とする翻訳家 大竹晋さん おおたけ・すすむさん=1974年、岐阜県生まれ。筑波大大学院哲学・思想研究科博士課程修了。専攻は大乗仏教。博士(文学)。京都大人文科学研究所非常勤講師などを経て仏典翻訳家。著書に『唯識説を中心とした初期華厳教学の研究』『大乗起信論成立問題の研究』『「悟り体験」を読む―大乗仏教で覚醒した人々』『セルフ授戒で仏教徒』、訳書に『現代語訳 最澄全集(全4巻)』など。

伝教大師最澄の1200年大遠忌を迎えた昨年、最澄の確実な著作全てを個人で翻訳し『現代語訳 最澄全集』全4巻として同時刊行する偉業を成し遂げた。大学教師を辞し、在野で仏典の翻訳や仏教書の執筆を続ける。「今後も翻訳と執筆とに一生を捧げたい」と意気込む。

須藤久貴

全4巻に及ぶ『現代語訳 最澄全集』(国書刊行会)を昨年刊行された。なぜ全訳を試みたのですか。

大竹 ほかの宗祖たちにはたいてい現代語訳全集があるのに最澄にはありません。だからやってみたいと前から思っていましたが、昨年、大遠忌が来ましたので、この機会に合わせて実現しました。

最澄に関する研究は現在では多い印象があります。これまで全訳がなかったというのは意外です。

大竹 最澄の著作には法相宗の徳一を批判したものが多いのです。天台学の知識があっても唯識学の知識がないと理解できない。それで全訳もなかったのです。僕は唯識学を専攻しましたので、その知識を生かして全訳しました。翻訳には2019年から21年3月まで約2年間かかっています。

全4巻、延べ約2千㌻のうち、徳一との論争が3巻分を占めます。

大竹 願文や山家学生式、顕戒論などの著作が1巻「入唐開宗篇」に、徳一との論争は「権実諍論篇」として2~4巻に収録しました。一切衆生が成仏できるとする最澄の一乗思想が真実か、成仏できない衆生もいるとする徳一の三乗思想が真実かについての論争です。

全て読みきる人ばかりではないと思いますが、必要な時に必要な人が必要な箇所を図書館などで読むのであっても十分に素晴らしいと思っています。

最澄といえば入滅まで大乗菩薩戒による大乗戒壇設立を願ったことが知られています。

大竹 最澄は当時世界中のお坊さんが受けていた二百五十戒は小乗戒にすぎず、天台宗のお坊さんは二百五十戒を受けなくても『梵網経』の大乗菩薩戒である十重四十八軽戒を受けるだけでよいと考えました。この考えに基づいて、その後の天台宗やそこから派生した諸宗のお坊さんは二百五十戒を受けず十重四十八軽戒を受けています。しかし『梵網経』は5世紀の偽経であることが今は分かっています。

最澄は、天台宗のお坊さんが十重四十八軽戒を受けて12年を山で過ごした後、利他のために二百五十戒を受けてもよいとも認めています。二百五十戒を受けることはお坊さんの世界基準ですから、僕は日本でも志あるお坊さんは最澄が認めた…

つづきは2022年2月9日号をご覧ください

障害者も等しく幸せに暮らせる社会を目指す 石川明代さん

障害者も等しく幸せに暮らせる社会を目指す 石川明代さん

4月25日

自らも車椅子生活を送る障害の当事者。障害者の社会参加や多様性に基づく社会の実現のため、持ち前のポジティブさと行動力で取り組んでいる。かつては「神社仏閣は障害者の敵」とされ…

プラチナ・プリントで表現する写真家 井津建郎さん

プラチナ・プリントで表現する写真家 井津建郎さん

3月22日

世界中の聖地を巡り、その地からにじみ出る一滴のエッセンスを求める旅が始まったのは約40年前。現地の緻密な質感、濃密な空気感を、白と黒のトーンが無限とされる写真技法「プラチ…

一人で両部曼荼羅を描いた仏画家 染川英輔さん

一人で両部曼荼羅を描いた仏画家 染川英輔さん

2月1日

貧しかった幼少の頃から絵と宗教に救いを求めてきた。東京芸術大卒業後、住職夫妻と出会い、本格的に仏画家としての道を歩み始めた。胎蔵曼荼羅、金剛界曼荼羅に一人で挑み、18年か…

いのちを社会で育てる 内密出産と不妊治療

社説5月20日

戦争の愚かさ 時代遅れの悪質なプライド

社説5月18日

介護用品贈与通じ 支え合いの精神広める

社説5月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加