PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第16回涙骨賞〈選考委員選評〉
PR
第17回「涙骨賞」を募集

東海大光氏(臨済宗妙心寺派第32代管長、福岡県久留米市・梅林寺第18世住職)

おくやみ2020年8月4日 17時26分(2020年8月7日 10時00分更新)

東海大光氏(臨済宗妙心寺派第32代管長、福岡県久留米市・梅林寺第18世住職) 2日、久留米市の梅林寺山本分院で死去。94歳。密葬は4日、同市京町の梅林寺で平兮宗賢・東福寺派乳峰寺閑栖を導師に営まれた。津送(本葬)は9月11日午前10時から梅林寺で、小堀泰巌・建仁寺派管長を導師に迎えて営まれる。小師(喪主)は東海大玄・梅林寺住職。

1927年、佐賀県嬉野市生まれ。13歳で同市・南禅寺派瑞光寺の古賀黙傳和尚に就いて得度し、47年に梅林寺専門道場に初掛搭。花園大仏教学科を卒業後、同専門道場に再掛搭して青嶂軒東海玄照師家に参禅、その法を嗣いだ。室号は雪香室。

74年に梅林寺第18世住職、僧堂師家となり、約30年間にわたって雲衲を指導し、多くの人材を育てた。2002年に住職・師家を退任、06年に妙心寺派第32代管長に就任し、無相大師650年遠諱を円成に導いた。

戦時中に長崎市の造船工場に学徒動員され作業中に被爆。平和を願い、日々、犠牲者の供養を続けていた。

ジョセフ・チェノットゥ氏(駐日教皇大使)9月16日

ジョセフ・チェノットゥ氏(駐日教皇大使) 8日死去、76歳。追悼ミサは17日午後2時から、東京都文京区関口3-16-15の東京カテドラル聖マリア大聖堂で髙見三明・長崎大司…

アルフォンス・デーケン氏(上智大名誉教授)9月9日

アルフォンス・デーケン氏(上智大名誉教授) 6日死去、88歳。葬儀・告別式は11日午後4時から、東京都千代田区麹町6-5-1のカトリック麹町聖イグナチオ教会でイエズス会会…

名畑崇氏(大谷大名誉教授、岐阜県郡上市・真宗大谷派養泉寺前住職)9月2日

名畑崇氏(大谷大名誉教授、岐阜県郡上市・真宗大谷派養泉寺前住職) 8月27日死去、87歳。葬儀は同月30日、郡上市明宝大谷の養泉寺で営まれた。喪主は長男で同寺住職の周氏。…

オンラインの発信 宗教文化リテラシーの重要性

社説9月25日

「9月ジャーナリズム」 深く歴史から学ぶこと

社説9月18日

修行の聖域 伝統的形態を護るためには

社説9月16日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加