PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
中外日報宗教文化講座2021
PR
中外日報宗教文化講座2021

佐藤憲雄氏(新潟県魚沼市・曹洞宗永林寺住職)

おくやみ2021年2月17日 14時38分

佐藤憲雄氏(新潟県魚沼市・曹洞宗永林寺住職) 15日死去、83歳。葬儀は23日午前9時から魚沼市根小屋1765の永林寺で、尾山公雄・林泉庵住職の導師により営む。喪主は遺弟の佐藤公彦副住職。

駒澤大大学院仏教学修士課程修了。1959(昭和34)年度の卒業生でつくる「三心会」会長。永林寺は「日本のミケランジェロ」と称される幕末の名匠・石川雲蝶の彫刻作品を多数所蔵する。これらの作品を一般公開するなど、斬新な発想と持ち前の行動力で、永林寺の名を一躍全国に広めた。

阪本是丸氏(神社本庁教学委員、國學院大名誉教授)4月28日更新

阪本是丸氏(神社本庁教学委員、國學院大名誉教授) 18日死去、71歳。通夜祭は23日、葬場祭は24日に近親者のみで営まれた。喪主は妻の和恵さん。遺族の意向で弔問・供花・玉…

寺田好和氏(天理教教会本部本部員)4月23日

寺田好和氏(天理教教会本部本部員) 19日死去、87歳。みたまうつしは20日午後7時半から、告別式は21日午前11時半から、いずれも奈良県天理市の天理教第二母屋で執行。喪…

今津芳文氏(広島市安佐南区・浄土真宗本願寺派明福寺住職)4月23日

今津芳文氏(広島市安佐南区・浄土真宗本願寺派明福寺住職) 13日死去、70歳。葬儀は16日に明福寺で営まれた。喪主は次男の隆文副住職。 1950年生まれ。修道高卒。広島県…

コロナ下の行動 問われる良識に基づく自律

社説5月7日

薄れる戦前への反省 「国体」を躊躇なく語る時代

社説4月28日

多様性の尊重 標準を押し付けない社会

社説4月23日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加