PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第16回「涙骨賞」を募集
PR
第16回「涙骨賞」を募集 中外日報宗教文化講座

僧衣での運転 安全性の確認と啓蒙を

2019年1月25日 11時08分

昨年、僧衣を着て軽自動車で県道を運転していた僧侶が、青切符を切られて反則金6千円を支払うように命じられた事件が福井県で起こった。僧侶側は僧衣姿で運転していても今まで摘発されたことはなく、承服できないと罰金の支払いを拒否しているという。

運転時の服装は都道府県別に決まりがある。福井県は、道路交通法施行細則に「運転操作に支障を及ぼすおそれのある衣服を着用して車両を運転しないこと」と規定されている。警官の判断で、僧衣がこの規定に抵触するとされたのであろう。

ささいな事のように受け止められるかもしれないが、僧侶にとっては大問題だ。また神職にとっても見過ごせない問題である。僧侶や神職は檀家あるいは氏子・崇敬者の自宅などに行って儀礼を行う機会が少なくない。僧侶であれば、お盆やお彼岸、葬儀、そのほかの儀礼があり、神職であれば地鎮祭、各種のお祓いなどがある。

誰かに運転を頼めばいいとか、儀式の場所に着いてから着替えたらいいだろうといった意見は、実情を無視したものである。地方の小さな寺院や神社では、人的にも経済的にもあまり余裕のない所もある。そうすると一人で走り回らざるを得ないのである。

この問題には仏教関係者の反論が、テレビの番組やインターネット上で幾つかなされ、僧衣を着ていても運転には支障ないことを示そうとした。中には運転どころか、こんなことまでできると、僧衣を着たままジャグリングを披露する僧まで現れた。

警官の判断が間違いとは言えまいが、この僧衣は改良服と呼ばれ、動きやすいものである。今まで、こうした僧衣が問題視されることは、ほとんどなかった。だとすると、今回の事件は何を物語っているのか。宗教者であろうと交通規則を守るのは当然で、特別視される理由はない。しかし、僧衣での活動が日常化し、近代生活に合わせて変遷していることへの配慮は、たぶんなかったのだろう。

運転していた僧侶は浄土真宗に属していたという。福井県は浄土真宗の門徒が多く、真宗出雲路派、真宗誠照寺派、真宗三門徒派、真宗山元派の4派の本山がある。そのような福井県でも、僧侶の日常活動への関心は乏しくなったということか。一般の認識が薄くなったということであろうか。

これは僧侶だけの問題にとどまらない。儀式用の装束を着て運転する可能性のある宗教団体は、互いに情報交換しながら、安全性の確認と、社会への啓蒙の両面を考えていいのではないか。

持続可能な社会 SDGsと宗教界の貢献7月19日

国連総会が「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」を全会一致で採択したのは2015年9月。「誰一人取り残さないーNo one will be l…

出生前検査への対応 いのちの意義捉え直す7月17日

妊婦の血液採取だけで胎児にダウン症候群など染色体の病気があるかどうか診断する新型出生前検査の実施医療機関を広げるために条件を緩和する動きについて、厚生労働省が検討会を設置…

政治家は判断示せ 核兵器禁止が指し示す未来7月12日

国連総会で核兵器禁止条約が採択されたのは2017年の7月7日である。条約の制定に向けた運動をリードした核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)が、その年のノーベル平和賞に選…

新体制を発表する(右から)若林恭英会長と新執行部の岡本専務理事、八木澤アジア地域ディレクター、山本事務局長

SVAが新執行部体制 中期事業計画を発表

ニュース7月23日
襖絵を前に歓談する藤井氏(右)と奥村執事長

妖女の襖絵、中国人画家が奉納 高台寺

ニュース7月22日
檀信徒会館で3月に開かれた研修会では障害者を招き対話した

障害者差別解消法施行3年、曹洞宗が研修推進

ニュース7月19日
宗教文化講座
  • 中外日報採用情報
  • 中外日報購読のご案内
  • 時代を生きる 宗教を語る
  • 自費出版のご案内
  • 紙面保存版
  • エンディングへの備え― 新しい仏事 ―
  • 新規購読紹介キャンペーン
  • 中外日報お問い合わせ
中外日報社Twitter 中外日報社Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加