PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第16回「涙骨賞」を募集
PR
第16回「涙骨賞」を募集 中外日報宗教文化講座

ゲノム編集の暴走 問われる宗教的倫理観

2019年1月30日 10時01分

昨年の11月末、中国の研究者がゲノム編集技術で人間の受精卵の遺伝子を操作し、双子が生まれたとの報道が世界を駆け巡った。ゲノム編集というのは、特定の遺伝子を外したり、別のものと入れ替えたりする技術で、すでに作物や家畜の品種改良には盛んに用いられている。ゲノム編集はすでに1990年代から用いられていたが、2012年にクリスパー・キャス9という新たなゲノム編集の手段が見いだされ、格段に効率よく特定遺伝子の除去や入れ替えができるようになった。

このゲノム編集を人間に用いると、特定遺伝子が病因と見なせる病気を治療、あるいは予防できるだろう。そこで、人間を対象としたゲノム編集の研究が急速に進んでいる。だが、すでに生まれた後の人間にこれを用いるのと、生まれる前の受精卵や生殖細胞にこれを用いるのでは、その意味するところが大きく異なる。

後者の場合、ゲノム編集を施した人間が生まれ、そのゲノムは子孫へと引き継がれることになるからだ。ヒトという種に変化を起こすことになる。

そこでまず、①受精卵や生殖細胞にゲノム編集を許容するのかどうかという問題がある。続いて、②ゲノム編集を施した受精卵を子宮に着床させ子どもとして生まれるのを許容するのかどうかという問題がある。世界的にはどちらも法で禁止している国が多くあり、後者は現段階ではしてはならないというのがグローバルな合意と考えられていた。

ところが、①の実行が15年に、昨年は②の実行が明らかになった。いずれも中国の科学者が行ったものだ。

世界的に批判の声が高まったが、今後も続く重い倫理的な問題は、医学的に期待できる治療や予防のため①、②を認めるのかどうか、認めるとすればどの程度まで認めるのかということである。いったんゲノム編集をした子の誕生を許容してしまえば、それをしてよい範囲を限定することは容易なことではない。そうなるとデザイナーベビー、あるいは人間改造が広まってしまう可能性がある。

ここで宗教的価値観・倫理観が問われる。ゲノム編集をした子を誕生させることは、なぜ許容できないのか。宗教的な価値観・倫理観が関わるこのような問題に、社会は答えざるを得ないところに来ていて、人文学や宗教の声を求めている。

今のところ宗教界は沈黙している。生命倫理問題に取り組んできた実績のある仏教の立場からの応答が特に期待されている。

持続可能な社会 SDGsと宗教界の貢献7月19日

国連総会が「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」を全会一致で採択したのは2015年9月。「誰一人取り残さないーNo one will be l…

出生前検査への対応 いのちの意義捉え直す7月17日

妊婦の血液採取だけで胎児にダウン症候群など染色体の病気があるかどうか診断する新型出生前検査の実施医療機関を広げるために条件を緩和する動きについて、厚生労働省が検討会を設置…

政治家は判断示せ 核兵器禁止が指し示す未来7月12日

国連総会で核兵器禁止条約が採択されたのは2017年の7月7日である。条約の制定に向けた運動をリードした核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)が、その年のノーベル平和賞に選…

新体制を発表する(右から)若林恭英会長と新執行部の岡本専務理事、八木澤アジア地域ディレクター、山本事務局長

SVAが新執行部体制 中期事業計画を発表

ニュース7月23日
襖絵を前に歓談する藤井氏(右)と奥村執事長

妖女の襖絵、中国人画家が奉納 高台寺

ニュース7月22日
檀信徒会館で3月に開かれた研修会では障害者を招き対話した

障害者差別解消法施行3年、曹洞宗が研修推進

ニュース7月19日
宗教文化講座
  • 中外日報採用情報
  • 中外日報購読のご案内
  • 時代を生きる 宗教を語る
  • 自費出版のご案内
  • 紙面保存版
  • エンディングへの備え― 新しい仏事 ―
  • 新規購読紹介キャンペーン
  • 中外日報お問い合わせ
中外日報社Twitter 中外日報社Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加