PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第16回「涙骨賞」を募集
PR
第16回「涙骨賞」を募集 中外日報宗教文化講座

保身と忖度 自滅への近道たどる社会

2019年2月15日 11時30分

千葉県野田市で少女が父親から虐待されて亡くなるという悲惨な事件があった。第一に非難されるのはむろん父親だが、少女を守る人がいなかったことが問題になっている。

母親は夫の暴力を恐れて虐待をやめさせなかった。教育委員会は父親に恫喝されて、暴力を訴える少女のアンケートを父親に見せた。児童相談所は少女を一時は保護したものの、問題があるのを知りながら、少女を父親に引き渡してしまった。

こうしたことが明らかになるにつれ、同じことを繰り返さぬように法と制度を改善すべきだとする声が高い。しかし家庭内暴力を防ぐための法や制度は存在しており、むしろ運用する人の側に問題がある。

現代において、家族も社会も人間もどこかおかしくなってしまったのではないか。そもそも少女を守るべき人たちは保身に汲々として断固たる態度で暴力に立ち向かわなかったように伝えられているが、このような弱腰は一般的なのだろうか。

歴史を振り返ると、日本が「軍事的強国」になって以来、特に満州事変から政府は軍部の圧力に負けてその独走を認めてしまった。日米開戦も、多くの指導者は負けると知りながら、「空気を読んで」反対を貫けなかった。戦後の政府はアメリカの言いなりで、ドイツやイタリアのような独立性も持てないでいる。役人は政治家の意向を「忖度」し、公文書を書き換えたり破棄したりしている。

長きにわたった「徳川の平和」は社会の安定をもたらしたが、一方で、強者の言いなりになっていれば己の安全が保てるという生き方を、日本人はすっかり身に付けてしまったのかもしれない。

宗教界はどうだろうか。宗教にはそもそも守るべき真実があり、先人たちはそれを大切に伝えてきた。しかし現代の宗教は真実を社会に向けて語る言葉を見いだし得ずにいる。その結果、現代は宗教を見失って、人間性の劣化が起こっている。

そこに問題があり、宗教の存立自体も危うくなっている。それは誰の目にも明らかなのに、宗教界はもっぱら伝統の縮小再生産に甘んじているように見える。未来に向けた創造は乏しい。たまにあっても、新しい芽に注目し育てようとする人がいない。ここでもやはり冒険より保身が優越しているのではなかろうか。

しかし過去を見渡しても、保身は決して見掛けほど安全ではない。特に変革の時代には自滅への近道である。

持続可能な社会 SDGsと宗教界の貢献7月19日

国連総会が「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」を全会一致で採択したのは2015年9月。「誰一人取り残さないーNo one will be l…

出生前検査への対応 いのちの意義捉え直す7月17日

妊婦の血液採取だけで胎児にダウン症候群など染色体の病気があるかどうか診断する新型出生前検査の実施医療機関を広げるために条件を緩和する動きについて、厚生労働省が検討会を設置…

政治家は判断示せ 核兵器禁止が指し示す未来7月12日

国連総会で核兵器禁止条約が採択されたのは2017年の7月7日である。条約の制定に向けた運動をリードした核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)が、その年のノーベル平和賞に選…

新体制を発表する(右から)若林恭英会長と新執行部の岡本専務理事、八木澤アジア地域ディレクター、山本事務局長

SVAが新執行部体制 中期事業計画を発表

ニュース7月23日
襖絵を前に歓談する藤井氏(右)と奥村執事長

妖女の襖絵、中国人画家が奉納 高台寺

ニュース7月22日
檀信徒会館で3月に開かれた研修会では障害者を招き対話した

障害者差別解消法施行3年、曹洞宗が研修推進

ニュース7月19日
宗教文化講座
  • 中外日報採用情報
  • 中外日報購読のご案内
  • 時代を生きる 宗教を語る
  • 自費出版のご案内
  • 紙面保存版
  • エンディングへの備え― 新しい仏事 ―
  • 新規購読紹介キャンペーン
  • 中外日報お問い合わせ
中外日報社Twitter 中外日報社Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加