PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第16回「涙骨賞」を募集
PR
第16回「涙骨賞」を募集 中外日報宗教文化講座

新しい時代へ 心と心の交流を大切に

2019年3月15日 14時32分

「梅の花見上げ日本語フランス語・蕗州」という句が、新聞俳壇で上位入選していた。東京五輪や大阪万博の前触れとして、観光地に外国人の来訪が増える世相を詠んだものであろう。

新年度の4月からは、出入国管理法の改定で、観光客だけでなく外国人労働者がさらに増えると予想される。地方自治体は、新しい外国人受け入れのため、十数カ国の言語に対応する相談窓口を整備しなければならない。観光客なら英語やフランス語などでよいかもしれないが、就労関係ではインドネシア語やネパール語も必要だとされている。4月までに準備が整うだろうか。

もちろん、職場に迎える新人の最大多数は、日本人の新卒者である。新人を受け入れるとまず、電話の応対法をしつけるところが多い。ところが最近の新卒者は、電話による対話が不得手であると聞いた。一昔前は言葉遣いなどマナーのしつけが重視されたが、今は声を出しての対話そのものから教えなければならない。

なぜかというと、学生時代にはメールアプリやSNS(交流サイト)で特定の相手と、無言で通信することが多かった。ところが職場の電話では、音声が必要だ。そして連絡電話を受けるのも、電話でセールスをするのも、未知の人との対話が主体である。

最も多いミスは、誰からかかった電話であるかの確認を忘れることだそうだ。携帯電話なら交信の相手が登録済みの親友と決まっていた。だが職場では「〇時に上司を訪ねて来る」相手が、どこの誰であるかを聞きそびれてしまうらしい。意外なことに、大企業でそのミスが多い。小さな企業では、隣の席の先輩の声で知らず知らずに身に付くという。

電話がこんな状態だから、郵便への関心不足はもっと深刻だ。学生時代は年賀状も出したことがないという新卒者が、業界にはまだ郵便で挨拶すべき場があると知って当惑する。

日本郵便の調査では、小学校の6年生で3人に1人は、封筒やはがきに、受取人と差出人の住所氏名を書く位置を知らなかったそうだ。小6までにこの知識が身に付いていないと、中学も高校もそのまま通過してしまう。

平成の初めには、パソコンはまだ珍しい存在だった。今は辺地の小さな事務所にも必ず1台は置かれている。春といえば5月には新しい天皇が即位して新しい時代が始まる。時代が移っても、心と心の交流が廃れることはない。どんな通信機器がどんなマナーで使われるかを見守りたい。

持続可能な社会 SDGsと宗教界の貢献7月19日

国連総会が「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」を全会一致で採択したのは2015年9月。「誰一人取り残さないーNo one will be l…

出生前検査への対応 いのちの意義捉え直す7月17日

妊婦の血液採取だけで胎児にダウン症候群など染色体の病気があるかどうか診断する新型出生前検査の実施医療機関を広げるために条件を緩和する動きについて、厚生労働省が検討会を設置…

政治家は判断示せ 核兵器禁止が指し示す未来7月12日

国連総会で核兵器禁止条約が採択されたのは2017年の7月7日である。条約の制定に向けた運動をリードした核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)が、その年のノーベル平和賞に選…

新体制を発表する(右から)若林恭英会長と新執行部の岡本専務理事、八木澤アジア地域ディレクター、山本事務局長

SVAが新執行部体制 中期事業計画を発表

ニュース7月23日
襖絵を前に歓談する藤井氏(右)と奥村執事長

妖女の襖絵、中国人画家が奉納 高台寺

ニュース7月22日
檀信徒会館で3月に開かれた研修会では障害者を招き対話した

障害者差別解消法施行3年、曹洞宗が研修推進

ニュース7月19日
宗教文化講座
  • 中外日報採用情報
  • 中外日報購読のご案内
  • 時代を生きる 宗教を語る
  • 自費出版のご案内
  • 紙面保存版
  • エンディングへの備え― 新しい仏事 ―
  • 新規購読紹介キャンペーン
  • 中外日報お問い合わせ
中外日報社Twitter 中外日報社Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加