PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
宗教文化講座
PR
中外日報宗教文化講座

今夏のWCRP大会 日本からの発信に期待する

2019年4月12日 12時56分

宗教者の社会的活動には大きく分けて2種類ある。一つは、社会の中で困窮し孤立している人に寄り添い、傾聴し、励ましていく社会的支援である。もう一つは、無縁社会や平和問題など社会の諸問題に対して、宗教としての提言を行い、世論を先導していく社会的啓発である。両者は形としては別個のものであるが、いずれも宗教的信念や教えに基づいてなされる点で共通する。その根底にあるのは、神仏への信仰に基づく宗教者としての姿勢である。

宗教者による社会的啓発は、教団・宗門単位で行われることもあれば、宗教界全体として行われることもある。超宗派で構成され、日本だけでなく世界レベルで活動する団体としては、世界宗教者平和会議(WCRP)がある。WCRP日本委員会は日本におけるその下部組織ということになる。

今年夏、第10回WCRP世界大会がドイツのリンダウで開催される。全体テーマはCaring for Our Common Futureだ。直訳すれば「我々の共通の未来をケアする」だが、日本委員会では「慈しみの実践―共通の未来のために」と訳した。これは、内容的により深く踏み込み、しかもより宗教的に表現した訳語ではないだろうか。

先般、世界大会に向けて日本に何が発信できるかを考えるという問題意識を込めて、同委員会主催の平和大学講座が大阪で開かれた。基調発題では、庭野光祥・立正佼成会次代会長が、これまでの世界大会の流れと今回のテーマにある「ケア」の意味するものについて詳しく報告した。

2013年の第9回世界大会のテーマがWelcoming the Other(他者を歓迎する)であったが、この時も日本委員会は「他者と共に生きる歓び」と秀逸な訳し方をした。しかしその後、実際に「他者」である移民や難民を受け入れてきたヨーロッパ諸国は、混乱と対立という苦渋の現実に直面した。「慈しみの実践」は、そうした背景も踏まえ、だからこそ他者への慈悲行を行うことの大切さと意義を表明するものである。

ニュージーランドで起こったモスク襲撃事件の後、アーダーン首相はずっとヒジャブをかぶり続け、追悼の場などではムスリムの人々を抱き締めている。また「悪名」を手にしたテロの犯人の名前を決して口にしないとも発言した。こういう姿勢はまさに「慈しみの実践」といえないだろうか。こうした実践をいかに宗教言語で表して人々を啓発していくかが問われている。今夏のWCRP世界大会において、日本からどのような発信が行えるか期待したい。

脱現金化の陥穽 利便性だけで判断は危険6月26日

1995年の宗教法人法改正で宗教法人備え付け書類の利害関係人閲覧権と、所轄庁提出義務が規定された。提出書類は不活動法人問題と結び付けて語られるが、2005年に、鳥取県が第…

茶髪の生徒ら共感 ヒロシマ語った原さん6月21日

広島に原爆が投下された1945(昭和20)年8月6日、県立広島工業学校(現県立広島工業高)1年生の原広司さんは、広島湾内・江田島の親戚宅で、対岸に盛り上がるきのこ雲を見た…

「星野君の二塁打」 「道徳」教科書の問題点6月19日

「星野君の二塁打」。以前から小学校の教科書に載り、最近は正式教科とされた「道徳」の教科書にも採用されて論議を呼んでいる逸話だ。少年野球選手の星野君は試合で監督から走者を送…

施政方針演説を行う鬼生田宗務総長

総合研究センターを機能強化 曹洞宗宗議会

ニュース6月27日

霊園開発、二審も寺院勝訴

ニュース6月26日
法燈継承を宣言する表白文を捧読する吉村管長

吉村暲英管長が晋山 融通念仏宗

ニュース6月25日
宗教文化講座
  • 中外日報採用情報
  • 中外日報購読のご案内
  • 時代を生きる 宗教を語る
  • 自費出版のご案内
  • 紙面保存版
  • エンディングへの備え― 新しい仏事 ―
  • 新規購読紹介キャンペーン
  • 中外日報お問い合わせ
中外日報社Twitter 中外日報社Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加