PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第16回「涙骨賞」を募集
PR
第16回「涙骨賞」を募集 中外日報宗教文化講座

フェイクとファクト SNS情報発信の問題

2019年4月26日 11時16分

フェイクニュースという言葉が広まったきっかけは、トランプ米大統領が自分に批判的なメディアをフェイクニュースとして攻撃したことである。皮肉なことに、その後トランプ大統領の発言そのものが、フェイクニュースのように批判される例も多くなっている。

4月中旬にネット上で相当な驚きをもたらした出来事がある。元暴走族ながら「東京大卒業」「イスタンブール大学院所属」「17社を起業」「トルコ親善大使」だとする触れ込みで講演をしていた人物が、実は「中卒、ニート」だとカミングアウトしたからだ。

さらにこれに対し、中卒も嘘で、都内の私立大を卒業しているという指摘がなされるに至った。まさにフェイク尽くしである。

この人物は単にネット上で経歴詐称をしていただけではなく、この肩書で独特な活動をしていた。2015年には企業家としてニコニコ生放送でプレゼンテーションをしている。16年には京都大のある学生団体主催のイベントでゲストとして話をしている。わざわざガウンを着て東京大の卒業式看板前で写真を撮るなどの細工はしていたが、冷静に考えればすぐばれそうな嘘の羅列だった。にもかかわらず、嘘が数年間も通用したところに、現代の情報社会におけるフェイクとファクトの境界線を巡る複雑な構図が見えてくる。

SNS(会員制交流サイト)上の画像や映像は、様々なフェイクに利用される。インスタグラムで自分の顔を大きく修正して公開するのは、むしろ一般的になっている。「インスタ映え」させて多くの人の関心を惹きつけるため、多少のフェイクを交えることに罪悪感のようなものはおそらくない。

くだんの事件では、本人のカミングアウトの後、詐称の証拠になりそうなサイトはことごとく削除され、詳細な検証ができなくなっている。都合が悪くなった関係者が複数いたと考えられる。昨年は省庁が各種の疑惑に対し、文書を破棄するなどして追及を逃れようとしたが、ネット上の情報は削除がより容易である。それがフェイクへの心理的負担を軽くしている可能性がある。

宗教活動におけるSNSの利用は広がっているが、利用形態はいっそう複雑になっていくと考えられる。さらに宗教に関わる話は、フェイクとファクトの境界を超越するような場合が少なくない。そのことが具体的にどのような問題を生むかは、なかなか予測し難い。宗教活動を紹介する画像や動画が、どのように用いられたときがフェイクになるのか。そうした議論も必要な時代に入っている。

持続可能な社会 SDGsと宗教界の貢献7月19日

国連総会が「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」を全会一致で採択したのは2015年9月。「誰一人取り残さないーNo one will be l…

出生前検査への対応 いのちの意義捉え直す7月17日

妊婦の血液採取だけで胎児にダウン症候群など染色体の病気があるかどうか診断する新型出生前検査の実施医療機関を広げるために条件を緩和する動きについて、厚生労働省が検討会を設置…

政治家は判断示せ 核兵器禁止が指し示す未来7月12日

国連総会で核兵器禁止条約が採択されたのは2017年の7月7日である。条約の制定に向けた運動をリードした核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)が、その年のノーベル平和賞に選…

新体制を発表する(右から)若林恭英会長と新執行部の岡本専務理事、八木澤アジア地域ディレクター、山本事務局長

SVAが新執行部体制 中期事業計画を発表

ニュース7月23日
襖絵を前に歓談する藤井氏(右)と奥村執事長

妖女の襖絵、中国人画家が奉納 高台寺

ニュース7月22日
檀信徒会館で3月に開かれた研修会では障害者を招き対話した

障害者差別解消法施行3年、曹洞宗が研修推進

ニュース7月19日
宗教文化講座
  • 中外日報採用情報
  • 中外日報購読のご案内
  • 時代を生きる 宗教を語る
  • 自費出版のご案内
  • 紙面保存版
  • エンディングへの備え― 新しい仏事 ―
  • 新規購読紹介キャンペーン
  • 中外日報お問い合わせ
中外日報社Twitter 中外日報社Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加