PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第16回「涙骨賞」を募集
PR
第16回「涙骨賞」を募集 中外日報宗教文化講座

道徳の教科化 宗教系私学の独自性

2019年5月17日 12時51分

「特別の教科」として道徳の教育が小学校では昨年度、中学校でも今年度から始まった。第2次安倍内閣が立ち上げた「教育再生実行会議」が2013年2月、「いじめの問題等への対応について」と題する第一次提言の中で示した「道徳の教科化」案を受けて、学習指導要領改正によって導入されたものだ。

喫緊の課題であるいじめ問題については「いじめ防止対策推進法」が同年6月に制定されているが、道徳の教科化も安倍晋三氏は首相復帰後真っ先に取り上げ、具体化した。安倍首相の思い入れが強いと考えていいだろう。教科外活動から「特別の教科」に昇格する道徳の授業に対しては特定の「価値観」の押し付けにならないかといった危惧の声もあり、批判的なメディアも存在する。

価値の教育であるだけに、そうした懸念ももっともであり、今後の「特別の教科 道徳」の在り方については注意深く監視していく必要があるだろう。

その一方で注目されるのは、学校教育法施行規則第50条等で、私学においては「道徳」に代えて「宗教」とすることができる、と規定されている点だ。「特別の教科 道徳」の授業テキストは検定教科書になるが、宗教教育の教科書を行政が検定することはできないので、「道徳」を「宗教」に代える場合、教科書の決定は各校の権限となる。

06年、第1次安倍内閣によって教育基本法の大改正が行われた時の重要な争点の一つは国公立学校における宗教的情操教育導入の可否であった。個別宗派の信仰を超えた普遍的な宗教的情操を教育するという推進派の主張には否定的な意見が多く、改正教育基本法では宗教的情操教育は採らず、「宗教に関する寛容の態度、宗教に関する一般的な教養及び宗教の社会生活における地位は、教育上尊重されなければならない」(15条1項)と規定するにとどめた。

もとよりこれは公的教育に関わる規定であって、宗教系私学は建学の精神に基づく宗教情操教育を積極的に行うべきであり、独自の教科として現実に行われている。「特別の教科 道徳」に代わるという位置付けになっても、大きな変化はないかもしれない。

検定教科書による国公立学校の道徳教育と、独自教科書による宗教系私学の宗教教育は、同じ「特別の教科」という枠内で対比して考察することも必要になるだろう。多様な宗教教育が公的な道徳教育の適正さや歪みを照らし出す鏡になる可能性も考えられなくはない。

持続可能な社会 SDGsと宗教界の貢献7月19日

国連総会が「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」を全会一致で採択したのは2015年9月。「誰一人取り残さないーNo one will be l…

出生前検査への対応 いのちの意義捉え直す7月17日

妊婦の血液採取だけで胎児にダウン症候群など染色体の病気があるかどうか診断する新型出生前検査の実施医療機関を広げるために条件を緩和する動きについて、厚生労働省が検討会を設置…

政治家は判断示せ 核兵器禁止が指し示す未来7月12日

国連総会で核兵器禁止条約が採択されたのは2017年の7月7日である。条約の制定に向けた運動をリードした核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)が、その年のノーベル平和賞に選…

新体制を発表する(右から)若林恭英会長と新執行部の岡本専務理事、八木澤アジア地域ディレクター、山本事務局長

SVAが新執行部体制 中期事業計画を発表

ニュース7月23日
襖絵を前に歓談する藤井氏(右)と奥村執事長

妖女の襖絵、中国人画家が奉納 高台寺

ニュース7月22日
檀信徒会館で3月に開かれた研修会では障害者を招き対話した

障害者差別解消法施行3年、曹洞宗が研修推進

ニュース7月19日
宗教文化講座
  • 中外日報採用情報
  • 中外日報購読のご案内
  • 時代を生きる 宗教を語る
  • 自費出版のご案内
  • 紙面保存版
  • エンディングへの備え― 新しい仏事 ―
  • 新規購読紹介キャンペーン
  • 中外日報お問い合わせ
中外日報社Twitter 中外日報社Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加