PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
今年度「宗教文化講座」中止のおしらせ
PR
宗教文化講座中止のお知らせ 墨跡つき仏像カレンダー2020

新聞の使命 ニュースの信頼性こそ命

2020年3月6日 11時40分

若い世代の新聞離れは深刻な状況である。総務省情報通信政策研究所が2019年9月に発表した『平成30年度 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書〈概要〉』を読むと、その現状が数値で把握できる。

紙の新聞を読む割合は、全世代では51%だが、10代は16%、20代は23%である。ちなみに60代は82%である。紙の新聞を無料のニュースサイトにした場合、10代は7%、20代は10%が読むにすぎない。全世代でも12%なので若い世代だけという話ではない。

一方、「Yahoo!ニュース」や「Googleニュース」などポータルサイトのニュース配信は10代で43%、20代で64%であり、若い世代も半数程度は見ていることになる。またキュレーションサービスだと全体で16%、10代は12%、20代は13%である。キュレーションサービスとは、スマートフォン所持者がよく見る「スマートニュース」などだ。

紙の新聞が読まれなくなっているだけでなく、デジタル化し無料配信しても、読む人は極めて少ない。キュレーションサービスへ記事を提供すれば、記事を読む人はその分は増える。だがそれは紙の新聞が発信した情報のほんの一部であり、かつサイト側に取捨選択の主導権を譲ることになる。

スマートニュースなどがそうであるが、スマホに提供されるニュースは全て同一というわけではない。パーソナライズがされているのである。パーソナライズとは、情報の受け手が読む記事に合わせて、配信する記事自体を選別し変えるやり方である。

紙の新聞が大きな転換期を迎えていることは明らかである。宗教専門紙とて例外ではない。ではどのような改善が可能か。一つ確かなのは、紙の新聞が積み重ねてきた最も誇るべき点は信頼性ということである。スピードは到底太刀打ちできないが、ネット情報には不確かな情報やフェイクニュースまでが満ち溢れていることに多くの人がすでに気付いている。

決まりきった宗教的主張を繰り返すことには信頼性は感じられない。誰かに忖度した記事を流し続ければ、やがて読者から見透かされる。人々が知りたがっていることが何か、こうした時代に提供すべきニュースは何か、を模索しつつ信頼性を確保すべきだ。

信頼性を感じさせる一つは、チームワークのたまものであると感じられる記事が増えることであろう。宗教を巡る記事はスピーディーであるより、確かであること、信頼性を第一に優先して構わないはずである。

拡大する格差と差別 問われる「平等」の理念7月3日

世界各地で新型コロナウイルス感染症の罹患者と死者は増え続け、それぞれ1千万人と50万人を超えようとしている。早くから明らかになったことだが、世界のどこでも高齢者と基礎疾患…

憲法第89条解釈 宗教界の広い議論が前提だ7月1日

コロナ禍で経済的に疲弊する法人・個人に支給される持続化給付金の対象に宗教団体を加える問題で、政府・自民党などと交渉していた日本宗教連盟がこのほど、その経緯を明らかにした。…

「震災伝承ロード」 伝える熱意と工夫が重要6月26日

東日本大震災で被災した各地の慰霊施設や当時の記録を伝える施設を紹介した「3・11伝承ロード」というパンフレットがある。青森から福島まで被災4県などが共同で作製。沿岸の75…

親鸞聖人御真影の尊前に仏供を供える暢裕門首

大谷暢裕門首が就任 前門と晨朝法要出仕 大谷派

ニュース7月3日

次期宗務総長に鈴木氏 豊山派

ニュース7月3日

非常時に中止できるよう加行所の規程変更 日蓮宗

ニュース7月2日
このエントリーをはてなブックマークに追加