PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
今年度「宗教文化講座」中止のおしらせ
PR
宗教文化講座中止のお知らせ 墨跡つき仏像カレンダー2020

混濁の世に輝く 全盲ろう者の言葉

2020年3月11日 10時36分

東京大教授で全盲ろう者の福島智さん(57)は著書『ぼくの命は言葉とともにある』に、18歳で光と音を失った過酷な運命を「宇宙空間に一人漂っているような」と表現し、その「暗黒の真空」から「私を解放してくれたものが『言葉』であり、私の魂に命を吹き込んでくれたのも『言葉』だった」と記す。

外界との言葉のやりとり=コミュニケーションは、点字とお母さんが考案してくれた指点字を「蜘蛛の糸」のように頼るしかない。他人には想像し難い困難を生きてきたからこそ分かる、一つ一つの言葉の重みである。

福島さんはまた、言葉は背景や文脈があって初めて意味が生じるが、さらに行動が伴わなければ力にはならない、つまり言葉は行動と意味の二重構造になっていることを忘れてはいけないと説く。人間は誰でもすぐ博愛主義者になるが、そばにいる人には案外冷淡なことが多いから、と。キリスト教の根本原理である「隣人愛」や仏教の「七仏通誡の偈」にどこか通じる思考だが、福島さんにとって点字と指点字で読み取ってきた言葉は「生きる証としての具体的な力」を持ったものなのである。

翻って健常者の世界はどうか。日夜、膨大な情報が行き交う中、テレビではお笑い芸人たちが意味もない言葉の瞬間芸を連発して笑いを取るような場面が日常的な光景だ。インターネットではSNSや時間差なく文字による会話を楽しむチャット、メールなどで言葉があふれ返る。匿名で他者への侮蔑や憎悪を表す感情的な言葉が拡散されることも少なくない。

情報収集を映像メディアやネットに依存するほど人は自分の頭で考えなくなるという指摘は以前からあった。思慮の浅い言葉が軽くなるのは避けられず、総じて人の心を揺さぶるような力強い言葉に触れることが少ない世相である。

言葉が力を失った社会は知識、学問や倫理的、宗教的な権威への尊敬の念が薄くなるとされるが、とりわけ為政者が発する言葉の軽さは政治への冷笑主義を醸成し、罪は深い。近年、国会質問で政権側の責任感に乏しく誠意に欠ける答弁は国民の政治離れを加速し、民主主義を危うくしかねない。

もう一つの懸念はネット上で仲間同士の疑似コミュニティーに閉じこもっていると、分断・孤立化を深めることだ。孤立感を癒やすため、人は社会を覆う「空気」に絆を求め、安易に同調しやすい。

そんな時代の潮流だからこそ、言葉を「生きる証」という福島さんの語りは重く響く。濃い闇に輝きを増す小さな光のようである。

拡大する格差と差別 問われる「平等」の理念7月3日

世界各地で新型コロナウイルス感染症の罹患者と死者は増え続け、それぞれ1千万人と50万人を超えようとしている。早くから明らかになったことだが、世界のどこでも高齢者と基礎疾患…

憲法第89条解釈 宗教界の広い議論が前提だ7月1日

コロナ禍で経済的に疲弊する法人・個人に支給される持続化給付金の対象に宗教団体を加える問題で、政府・自民党などと交渉していた日本宗教連盟がこのほど、その経緯を明らかにした。…

「震災伝承ロード」 伝える熱意と工夫が重要6月26日

東日本大震災で被災した各地の慰霊施設や当時の記録を伝える施設を紹介した「3・11伝承ロード」というパンフレットがある。青森から福島まで被災4県などが共同で作製。沿岸の75…

親鸞聖人御真影の尊前に仏供を供える暢裕門首

大谷暢裕門首が就任 前門と晨朝法要出仕 大谷派

ニュース7月3日

次期宗務総長に鈴木氏 豊山派

ニュース7月3日

非常時に中止できるよう加行所の規程変更 日蓮宗

ニュース7月2日
このエントリーをはてなブックマークに追加