PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第16回涙骨賞〈選考委員選評〉
PR
第17回「涙骨賞」を募集

緊急事態宣言 「3密」を避けてなし得ること

2020年4月10日 13時52分

政府は7日、新型コロナウイルス感染拡大を踏まえ緊急事態宣言を発した。対象は首都圏の東京、神奈川、埼玉、千葉と近畿の大阪、兵庫および九州の福岡。安倍晋三首相が発表した7都府県には含まれていないが、愛知県知事も緊急事態宣言の対象に追加指定を求めている。

宣言に至る政府の対応については様々な意見が出ている。また、「自粛」を中心とする宣言の実効性や給付金など経済支援の具体策についても議論が集まり、海外メディアからはネガティブな評価があるようだ。確かに、スピード感に乏しく、政策決定の舞台裏のゴタゴタが見て取れる。

新型コロナウイルス感染拡大を防ぐ取り組みを戦争に例える言説がある。新型肺炎で国民多数が死亡した各国の状況を見ると、人類共通の「敵」に対する「戦争」のイメージは誇張ではない。この中で、日本の対応は「戦力の逐次投入」だという批判も出ている。不安は確かに拭いきれない。

政府の対策の手ぬるさを厳しく叩き、私権制限を強く要求する意見は強い。ただ、私権制限が必要だとしても、為政者が法に基づき自らの責任を以て示すべきで、「非国民」批判など過激な言辞に押し流されるのは危険な構図であろう。その兆候は警戒したい。

過激な意見は不安や恐怖の表現でもある。宗教は病疫を科学的に抑えることはできないとしても、対立や分断をかき立てる不安や恐怖には最もよく対応できる。宗教者が3つの密を避けてなし得ること、なすべきことは多い。

だが、不安から人々を救う目的で行われているはずの宗教集会が感染拡大のきっかけとなった実例が多発し、大規模集会を開いた当事者、さらには宗教そのものへの批判につながっているという状況もある。批判された側は「信教の自由」に触れているようだが、感染拡大の危機の中で、信仰の中心的価値を守るため感染拡大しやすい環境をつくる必然性はない。これを信仰の価値と国法や世俗倫理の対立という問題に還元して考える必要はなかろう。

ところで、偶然にネットを見ると、8日の検索キーワード上位に「花まつり」があった。ある寺院の住職が法要で釈尊降誕を祝えない人のため、「リツイートの数だけ住職が代わりにお釈迦様に甘茶をかけます」とツイートし、これに対するリツイート数が数万に達していた。殺伐とした世間の雰囲気の中、何かほっとさせる話だ。

新型コロナウイルス問題は長引きそうだが、様々な工夫で教化の可能性を広げるよう期待したい。

「9月ジャーナリズム」 深く歴史から学ぶこと9月18日

日本は1931年9月18日に起こった満州事変で先の大戦への引き金を引き、ポツダム宣言受諾により45年9月2日の降伏文書調印を経て51年9月8日のサンフランシスコ講和条約調…

修行の聖域 伝統的形態を護るためには9月16日

日蓮宗の「荒行」は長い歴史を持つ厳しい修行である。千葉県市川市の大本山中山法華経寺に加行所が開設されたのは1949年だが、コロナ禍の影響で今年度は開設以来初めて、荒行が中…

長い目で復興を 東日本大震災から9年半9月11日

今月半ばで東日本大震災から9年半。被災地では建物の新築工事が各地で進んでいる。甚大な被害のあった岩手県釜石市では街並みはかなり復興し、中心部に新たにオープンした巨大ショッ…

「自死・自殺に向き合う僧侶の会」の取り組みを説明する(右から)小川氏、宇野氏、宮坂氏

自死者追悼法要の意義語る 遺族連絡会分科会で

ニュース9月18日

雇用調整助成金、宗教団体から「助かった」の声

ニュース9月18日
菅野日彰管長を導師に奉行した龍口法難750年宗門法要

龍口法難750年で宗門法要 令和の立正安世界を 日蓮宗

ニュース9月17日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加