PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
今年度「宗教文化講座」中止のおしらせ
PR
宗教文化講座中止のお知らせ 墨跡つき仏像カレンダー2020

コロナの神義論 ウイルスと共存する英知

2020年6月5日 14時04分

緊急事態宣言がようやく解除された。状況が少しずつ落ち着く中、各宗教ではそれぞれの教えから、新型コロナ禍の意味について考え始めている。なぜ今の時期、突然この疫災が出現したのか。なぜ世界中でこれだけの無辜の人々が犠牲になったのか。神仏の思いは一体どこにあるのだろうか。地震や台風などが発生して多数の犠牲者が出た時、必ずその宗教的な意味付けを考えようとする動きが現れる。それは一種の神義論の問い掛けでもある。

いかなる災害も神仏の罰ではない。また個々の人間が悪いのではない。責めがあるのは人類全体がこれまで取ってきた生活様式にある。物欲中心の生き方が過度の自然開発やグローバル化を進め、地球環境を破壊した結果、このような強毒ウイルスの出現に至った。この疫災は、人類に対し慎みある生き方を促そうとする、神仏からの警告である。これが、どの宗教でも想定される神義論の決着点ではないだろうか。

しかし、この思想はさらに深められるように思う。その理由は、我々にとってこれからも新型コロナウイルスとの共存が求められることから来る。このウイルスの存在を前提とした生き方を、人類がいや応なく受け入れざるを得ない時代に入っているのだ。

生物学的に見れば、人類の歴史は様々なウイルスとの共存の歴史でもあった。それは逆に見れば、ウイルスの側も自らが生き残るため、人類と折り合いをつけて共存してきたことを意味する。

今日、我々が新しい生活様式を採用すべきように、新型コロナウイルスもまた、従来の生存戦略を変更しなければならない。強毒型になって宿主の命を奪えば、人間から隔離戦略を取られて、ほかに感染を広めるというわけにはいかないだろう。それならば、毒性を弱めて、細々とでも人類と共存していくしかない。そう考えてみれば、ウイルスに心や魂があるという見方をしても、決して突拍子もないことではないと思われる。もちろん、これは科学の言語ではなく、どこまでも一つの象徴的な理解の仕方である。

実は日本人は古来、そのような考え方をしてきた。天変地異や伝染病をもたらすのは疫病神、あるいは荒魂の所業であり、それは畏怖の対象であった。疫病神には敬して遠ざけることで穏やかに通り過ぎてもらう。荒魂であればこれを鎮めて祀り上げることで和魂へと変わってもらう。意外とこのような発想こそ、ウイルスと共存する英知を現代人に教えてくれると思われる。

中国との宗教間対話 立場の違い超え真の交流を7月8日

米国国務省が「国際信教の自由報告書」を出したことを本紙(6月17日付)で紹介した。中国によるウイグルのイスラム教徒、チベットの仏教徒、法輪功やキリスト教への干渉と弾圧は近…

拡大する格差と差別 問われる「平等」の理念7月3日

世界各地で新型コロナウイルス感染症の罹患者と死者は増え続け、それぞれ1千万人と50万人を超えようとしている。早くから明らかになったことだが、世界のどこでも高齢者と基礎疾患…

憲法第89条解釈 宗教界の広い議論が前提だ7月1日

コロナ禍で経済的に疲弊する法人・個人に支給される持続化給付金の対象に宗教団体を加える問題で、政府・自民党などと交渉していた日本宗教連盟がこのほど、その経緯を明らかにした。…

鳥居や禊橋が浸水した青井阿蘇神社の門前(4日午前9時頃、大阪府神道青年会提供)

寺社も多数被災 土砂崩れ、浸水相次ぐ 熊本豪雨

ニュース7月8日

次期管長に松村宗務長 真言律宗

ニュース7月8日

御依頼額さらに5億円減を通知 大谷派

ニュース7月7日
このエントリーをはてなブックマークに追加