PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
今年度「宗教文化講座」中止のおしらせ
PR
宗教文化講座中止のお知らせ 墨跡つき仏像カレンダー2020

コロナ禍の中で 毅然とした姿を示す

2020年6月17日 10時58分

持続化給付金をコロナ禍で疲弊する宗教団体等に適用する案は、どうやら2020年度第2次補正予算案の閣議決定前に事実上消滅したようだ。国会審議や、世論の本格的な吟味の対象になることはなかったが、もし広い範囲の公の場で論議されていたら、憲法論は別にしても、多くの国民の共感が得られたかどうかは疑問である。

また、宗教団体などに適用する大枠を仮に政府が認めたとして、対象は18万を超える宗教法人だけにとどまるものではない。国家がどこかで特別な足切り基準を設ければ、公認宗教をつくることにもつながりかねない。議論を始めると際限のない泥沼に陥るだろう。

この問題に限らず宗教自体に批判的な人々は、コロナ禍の中での宗教のありように否定的なまなざしを向ける。また宗教に期待するからこそ、その期待に応えてくれないことに失望の声を漏らす。例えば、宗派・教団や宗教団体がコロナ問題に関して社会に向けて発したメッセージについて、心に響く叡智や深い見識はあまり感じられなかった、という一般的な感想はあちこちで聞いた。

批評の是非はともかく、「宗教の言葉」そのものが心に届きにくくなった現実を見つめ、こうした感想にはしっかり耳を傾けつつ、期待を裏切らない毅然とした姿を宗教界は示す必要がある。

ところで、コロナ危機の下、宗門や宗教団体に対して真っ先に期待を込めた視線を向けるのは、それらに包括される一般の寺社、教会などである。本紙12日付記事を見ると、曹洞宗の宗政会派有道会が宗門としての支援の優先順を①一般寺院②大本山③専門僧堂④その他の学校関係等――とする提言を示した。宗門それぞれの歴史的背景や内部事情、宗門校の宗派への財政的依存度などは様々で、②~④は一概には言えない。しかし、対象をこのように四分すれば、期待に応え一般寺院を明確に最優先する判断は正しいだろう。

直近の支援策だけではない。被包括の団体と共に全体の中長期ビジョンに向け、具体的に動きだすはっきりした姿勢を示すことが宗派・教団には求められる。少子・過疎化など悲観的条件を踏まえた将来対策は各宗門・教団で検討されてきたが、コロナ禍によって想定時期は繰り上げられ、いわば「待ったなし」で取り組む必要が立ち上がってきた。

宗派・教団は宗政機能がダウンし、収入低下で経済的に厳しい。だが、危機を乗り越える意識を全体で共有するため、被包括の団体や檀信徒、社会に向けて毅然とした姿勢を今こそ示してほしい。

拡大する格差と差別 問われる「平等」の理念7月3日

世界各地で新型コロナウイルス感染症の罹患者と死者は増え続け、それぞれ1千万人と50万人を超えようとしている。早くから明らかになったことだが、世界のどこでも高齢者と基礎疾患…

憲法第89条解釈 宗教界の広い議論が前提だ7月1日

コロナ禍で経済的に疲弊する法人・個人に支給される持続化給付金の対象に宗教団体を加える問題で、政府・自民党などと交渉していた日本宗教連盟がこのほど、その経緯を明らかにした。…

「震災伝承ロード」 伝える熱意と工夫が重要6月26日

東日本大震災で被災した各地の慰霊施設や当時の記録を伝える施設を紹介した「3・11伝承ロード」というパンフレットがある。青森から福島まで被災4県などが共同で作製。沿岸の75…

親鸞聖人御真影の尊前に仏供を供える暢裕門首

大谷暢裕門首が就任 前門と晨朝法要出仕 大谷派

ニュース7月3日

次期宗務総長に鈴木氏 豊山派

ニュース7月3日

非常時に中止できるよう加行所の規程変更 日蓮宗

ニュース7月2日
このエントリーをはてなブックマークに追加