PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2021
PR
墨跡つき仏像カレンダー2021 第17回「涙骨賞」を募集

ウイズ・コロナ? 「共存」のリスクと緊張感

2020年7月15日 10時35分

新型コロナウイルス問題で「ウイズ・コロナ」という言葉が使われている。しかし「ウイズ」の意味が曖昧である。同様な表現で「シュンビオーシス」という語がある。元来はギリシャ語で「共生」の意味だが、しばしば宿り木のような寄生の意味で使われている。宿り木は宿主にとっては迷惑だろうが、大した害にもならないので、いわば黙認されているわけだろう。

似た言葉に「コエグジステンス」がある。ラテン語で「共存」を意味し、東西冷戦の時代によく使われた。互いに敵対的でありながら、相手を滅ぼそうとすると自分たちの損害も過大になるから、やむを得ず相手の存在を容認するということだ。

「共存」に対し、日本語で「共生」というときは、花と昆虫のように、互いに無害で利益となる関係のことであろう。実はこの意味の欧米語はあまり使われていない。ドイツ語のMitlebenやラテン語系の英語convivenceは多用されていない。

実際、顕花植物と昆虫のような、良いだけの関係は多くはない。普通に見られるのは、共存と共生のいわば中間のような関係で、例えば肉食動物は草食動物にとって天敵だが、彼らがいなければ草食動物は増え過ぎて共倒れになる危険があり、その意味では益になる。むろん草食動物は肉食動物にとってなくてはならない存在である。

個同士ではなく、種同士の関係で見れば、両者はむしろ共生に近いことは、人間と農作物や家畜の場合と同様である。この意味では、動物と植物と微生物は互いに敵対しながらも共生している。動物は植物が出す酸素を利用し、植物を食べる。植物は生きるため、増殖するために動物を利用し、微生物は動植物を栄養源として掃除屋の役を果たす。酵母のように有益なものもある。一般に共生関係は善、もっぱら敵対的な関係は悪とされるが、共存関係がやむを得ず認められていることも多い。

新型コロナウイルスについてウイズ・コロナといわれるときの「ウイズ」は、共生ではなく共存の「共」である。全く無益だが、完全に排除しようとすれば日常生活のマイナスが大き過ぎるから、やむを得ず一定のリスクを覚悟し、その存在の事実を受け入れる、ということだ。

だとすれば、やはり軽々しくウイズ・コロナなどと言うべきではない。病原体は可能ならば完全に駆除すべき相手である。警戒を緩め、油断を招くような響きの言葉は避けた方が良い。

三つの市場論 中国宗教界の変動の力学12月2日

中国には「赤色」「黒色」「灰色」の三つの「宗教市場」があるという。「宗教市場」は響きがいいとは言えない言葉だが――最近唱えられ始めた「宗教市場理論」を踏まえている――、楊…

対話の前提 キリスト教的伝統との差異11月27日

前世紀中頃に国際的規模で始まった「仏教とキリスト教の対話」は日本でも続いているが、基本的な点で相互理解にはまだ不十分なところがある。 その一つに「キリスト教は共同体だが仏…

家族の絆 古くて新しい檀家の課題11月25日

11月22日はいい夫婦の日だった。コロナ禍で迎えた今年、在宅勤務でお互いに家にいることが多くなり、コミュニケーションや会話の機会が増えた。そのため、夫婦の仲が「良くなった…

第17回「涙骨賞」を募集
PR
太鼓橋を進列する葛西座主と職衆

大元大法、77年ぶり奉修 総本山金剛峯寺

ニュース12月2日

僧侶宗会議員選、5区で戦いに 本願寺派

ニュース12月2日
販売停止が決まったDVDと同封の説明文

是旃陀羅問題のDVD、販売停止 大谷派

ニュース12月1日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加