PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第16回涙骨賞〈選考委員選評〉
PR
第17回「涙骨賞」を募集

愛国心の悪用 共生に逆らう動き警戒を

2020年7月29日 10時47分

モスクワ郊外に完成したロシア正教会の「ロシア軍大聖堂」が、6月23日に報道陣に公開された。第2次世界大戦での旧ソ連の対ドイツ戦勝75周年を記念し、祖国防衛に尽力した先人たちをたたえるために建立されたという。設計にも戦勝にちなんだ数字が用いられている。主聖堂の高さは96メートルだが、鐘楼の高さは75周年にちなみ75メートルである。円屋根の直径は終戦の年に合わせて19・45メートルである。

プーチン大統領は大聖堂完成を愛国心の喚起につなげている。社会主義の国であるが、宗教が持つ心理的・社会的機能を政治に利用するという意図が明らかである。

日本は第2次世界大戦で戦闘員、民間人合わせて300万人を超す死者を出した。同じく旧ソ連は2700万人の死者を出したとされる。特にドイツとの戦いは熾烈であったので、戦勝記念に特別の思いを抱く人がいると考えられる。

そうした過去の悲劇を今後の国際関係にどう教訓として生かすかは、政治家だけでなく、それぞれの国民全てに関わる重大な問題である。ところが、過去の戦闘の記憶を現在の国際関係を悪化させるような方向に用いる言説がしばしば見いだされ、宗教が利用されることさえある。残念なことに、そのような動きは日本にもある。

グローバル化がいわれて久しいのに、政治的指導者がことさら愛国心を強調する例が世界各地で見受けられる。むろん愛国心自体は批判されるべきことではない。だが、政治家は国内問題から国民の目をそらすために仮想敵を設定する手法をよく用いる。そうした政治家にすり寄る言論人もいる。

実際には多くの人が国外の人たちと互恵的関係を築いている。愛国心を強調せずとも、ほかの国々との文化的交流が自国のためにもなるように、といった配慮は自然となされている。20世紀後半には宗教界では宗教や国家、民族の違いを超えた共生の重要性を説く傾向が広まり、宗教が合同で行事・イベントを主催する例が増えた。日本でも世界宗教者平和会議(WCRP)への連携があり、比叡山宗教サミットが開かれている。

しかし、ごく一部だが日本を過度に美化して、いたずらに愛国心をあおり、近隣諸国への憎悪を募らせることに加担するかのような言説が宗教界にもある。新型コロナウイルス問題さえ、そうした利用の仕方がされる場合が見受けられる。宗教協力や連帯、共生を重視する人たちは、自分たちの目指すところとは逆向きの動きに警戒しなければなるまい。具体的な対処法も考えるべき段階である。

「9月ジャーナリズム」 深く歴史から学ぶこと9月18日

日本は1931年9月18日に起こった満州事変で先の大戦への引き金を引き、ポツダム宣言受諾により45年9月2日の降伏文書調印を経て51年9月8日のサンフランシスコ講和条約調…

修行の聖域 伝統的形態を護るためには9月16日

日蓮宗の「荒行」は長い歴史を持つ厳しい修行である。千葉県市川市の大本山中山法華経寺に加行所が開設されたのは1949年だが、コロナ禍の影響で今年度は開設以来初めて、荒行が中…

長い目で復興を 東日本大震災から9年半9月11日

今月半ばで東日本大震災から9年半。被災地では建物の新築工事が各地で進んでいる。甚大な被害のあった岩手県釜石市では街並みはかなり復興し、中心部に新たにオープンした巨大ショッ…

「自死・自殺に向き合う僧侶の会」の取り組みを説明する(右から)小川氏、宇野氏、宮坂氏

自死者追悼法要の意義語る 遺族連絡会分科会で

ニュース9月18日

雇用調整助成金、宗教団体から「助かった」の声

ニュース9月18日
菅野日彰管長を導師に奉行した龍口法難750年宗門法要

龍口法難750年で宗門法要 令和の立正安世界を 日蓮宗

ニュース9月17日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加