PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第16回涙骨賞〈選考委員選評〉
PR
第17回「涙骨賞」を募集

ALS患者殺人事件 苦悩のケアこそ重要

2020年8月19日 11時17分

難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)の女性患者の依頼により医師2人が薬物を投与して殺害した容疑で逮捕された事件は、いわゆる「安楽死」でさえない。まず東海大病院事件の判例にある「死期が迫っている」「肉体的苦痛を除去する他の方法がない」などの要件を全く満たしていない。この要件が満たされれば免罪されるという誤解には要注意だが、医療関係者も嘱託殺人として摘発した京都府警も今回の事件は「安楽死」に該当しないとしている。

それどころか医師らはネットで「死にたい奴に死なせてやることはできるのだが、後がめんどくさい」と発信し、「扱いに困った高齢者を『枯らす』」などと公言するような優生思想の持ち主であり、犯行時に偽名で患者のヘルパーを騙して遠ざけ、高額の金を受け取るなどの手口からも信念など微塵も感じられない卑劣な殺人者だ。

ただ、患者側のツイッターの発言などから「安楽死」の論議が起きた。自らの殺害を依頼するほどの女性の苦悩は他者には真に理解はできないだろうが、仮に「安楽死」であっても、それと地続きの「尊厳死」と呼ばれるものであっても、問題は根深い。ナチスによる障がい者の安楽死政策を持ち出すまでもなく、他者が生を奪うことは命への最大の侵害だ。

また、たとえ本人の「要望」であっても、それを社会的に積極評価したり声高に叫んだりすることによって、この世間で生きづらい人々に生の短縮を促すような圧力になる危険性は以前から度々指摘されている。宗教者にとっては、自分のいのちなのだからそれを絶つことも自分で決める、という発想も肯定しにくいだろう。

この事件で何より重要なのは、このような結末に至らざるを得なかった患者自身の苦しみへの向き合いだ。ALS患者の団体も「私たちの生を否定しないで」とそれを訴えており、「生きていくことがつらい」ほどの絶望に当人たちを追い詰めないような周囲のケアと具体的支援、そして社会的仕組みとしての医療・福祉の充実こそが課題になる。

また、「尊厳死」問題でも持ち出される「周囲の人に迷惑をかけてまで生きたくない」という論議。これも、人間は他者の世話にならないでは生きていけないという観点から、本人への精神的な支え、心配りが大事になることは言うまでもない。宗教者も「いのちは何より重い」「生きているだけで価値がある」とコトバで語るだけではなく、揺らぐいのちを包み込むような社会の創造のために行いが求められる。

「9月ジャーナリズム」 深く歴史から学ぶこと9月18日

日本は1931年9月18日に起こった満州事変で先の大戦への引き金を引き、ポツダム宣言受諾により45年9月2日の降伏文書調印を経て51年9月8日のサンフランシスコ講和条約調…

修行の聖域 伝統的形態を護るためには9月16日

日蓮宗の「荒行」は長い歴史を持つ厳しい修行である。千葉県市川市の大本山中山法華経寺に加行所が開設されたのは1949年だが、コロナ禍の影響で今年度は開設以来初めて、荒行が中…

長い目で復興を 東日本大震災から9年半9月11日

今月半ばで東日本大震災から9年半。被災地では建物の新築工事が各地で進んでいる。甚大な被害のあった岩手県釜石市では街並みはかなり復興し、中心部に新たにオープンした巨大ショッ…

コロナ時代の宗教様式、寺院はどう対応 浄土宗パネル発表

ニュース9月24日
議場では議員同士の距離を広く取り感染防止に努めた

補正予算案など承認 妙心寺派定期宗議会

ニュース9月23日
薬師如来像を祀る本堂。釈尊ゆかりの花のステンドグラスも見られる

新たな布教の拠点に 善通寺関東別院が落慶

ニュース9月23日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加