PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2021
PR
墨跡つき仏像カレンダー2021 第17回「涙骨賞」を募集

博物館からモスクへ トルコ政教関係の修正に波紋

2020年8月21日 13時17分

トルコ政府の決定で博物館からモスクに変更された首都イスタンブールのアヤソフィアで7月24日、最初の金曜礼拝が行われた。同国の日刊紙Milliyetは「朝の早い時間から多くの国民がアヤソフィア・モスクの周辺に集まった」と報じた(東京外国語大Web「日本語で読む中東メディア」)。

博物館から宗教施設に復活といえば、文化大革命後、一部が博物館になっていた中国・開封の大相国寺が思い起こされる。30年近く前の話だが、来日した趙樸初・中国仏教協会会長(当時)が歓迎会の席上、誇らしげに報告した。しかし、アヤソフィアのモスクとしての再生は、国家と宗教の危うい関係という観点で、本欄で紹介されたロシア・モスクワのロシア軍大聖堂建設という最近の事例と比較した方がいいだろう。

アヤソフィアはよく知られているとおり、東ローマ帝国の首都コンスタンチノープルにキリスト教の大聖堂として建立され、1453年、オスマン帝国の征服でイスラームのモスクに変えられた。モスクとしての歴史は、第1次世界大戦でオスマン帝国が滅び、世俗主義的なトルコ共和国が成立するまで続いた。

トルコはイスラーム圏で初めて政教分離を採用した国で、建国の英雄ケマル・アタチュルク(初代大統領)によって国家の非宗教化が徹底された(小泉洋一「トルコ憲法の宗教条項」『甲南法学』)。アヤソフィアの博物館化もその一環で、1934年、モスクとしての5世紀近い歴史をひとまず閉じた。

エルドアン大統領による86年ぶりのモスク復活決定には、欧米や隣国ギリシャなどから「異文化共存の象徴」としてのアヤソフィアを政治利用し、宗教対立をあおる、と強い批判が向けられた。

東京外大上記サイトによると、24日の礼拝で政府の宗務庁長官が刀を手に説教壇に上がった。これに対し、オスマン帝国時代への回帰を意味し、アタチュルクの「国に平和を、世界に平和を」という言葉に反するという反発もトルコ国内のメディアに現れている。欧米の言説に含まれる政治・宗教的な偏向も気になるが、トルコ国内には世俗主義を巡る長いせめぎ合いがあり、今後は対立、分断が広がることが懸念される。

国家と宗教の政教関係はこのトルコの例や、中国の「宗教と和諧」政策などを見るまでもなく、その変化による影響は大きい。私たちも信教の自由、政教分離に関する日本国憲法の規定の意味を深く意識し、政教関係の歪曲に至るような逸脱は常に警戒したい。

対話の前提 キリスト教的伝統との差異11月27日

前世紀中頃に国際的規模で始まった「仏教とキリスト教の対話」は日本でも続いているが、基本的な点で相互理解にはまだ不十分なところがある。 その一つに「キリスト教は共同体だが仏…

家族の絆 古くて新しい檀家の課題11月25日

11月22日はいい夫婦の日だった。コロナ禍で迎えた今年、在宅勤務でお互いに家にいることが多くなり、コミュニケーションや会話の機会が増えた。そのため、夫婦の仲が「良くなった…

過疎地寺院問題 コロナで対策は前倒しに11月20日

新型コロナウイルス感染症が国内で拡大し始めて半年以上が経過したが、感染防止対策とGoToキャンペーンが象徴する経済活動活性化とのバランスは難しい。冬に入って感染者数は良く…

第17回「涙骨賞」を募集
PR
キャンペーン開始を発表する(左から)神・全青協常任理事、髙山久照・日仏保理事長、本多端子・全日仏婦理事長

子らに豊かな地球つなごう 全日仏婦などが行動計画

ニュース11月27日

国会「気候非常事態宣言」決議、WCRP日本委が歓迎

ニュース11月27日

生活全般の相談受け付け、地域再生へ 岩手の寺院

ニュース11月26日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加