PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2021
PR
墨跡つき仏像カレンダー2021 第17回「涙骨賞」を募集

レジ袋有料化 目先ではなく広い視野を

2020年8月26日 11時47分

環境保護のためにプラスチック製のレジ袋の有料化が義務付けられて2カ月近くになる。街のスーパーやコンビニ、ドラッグストアに行くと、マイバッグ持参の客も「安価だし、家でごみ袋にも使える」とあえて購入する人もおり、大方に定着しつつあるように見える。一方で再使用可能なものやバイオマス素材の袋に転換し、無料配布する店もある。

もともとレジ袋がなかった時期は消費者はとう製などの買い物かごを持参し、しかも冷蔵庫も未普及の時代には、小さな入れ物で毎日小まめに買い物をするエコな生活が一般的だった。だが深く環境問題を考えると、そのようなノスタルジーよりも地球規模での対応、廃プラスチック削減の総体に目を向ける必要がある。

我が国は米国に次ぎ1人当たりのプラごみ排出量が世界で2番目に多いという。しかし2018年の先進7カ国首脳会議で日本は、削減数値目標を盛り込んだ「海洋プラスチック憲章」への署名を米国と共に拒否し批判を招いた経緯がある。今回、国内外の世論に押されてレジ袋有料化の措置を取ったが、実はレジ袋はプラごみ全体の2%であり、その他の膨大な産業廃棄物などは対象外だ。

もちろん小割合でも削減するに越したことはないが、政権の姿勢はコロナ禍で見られたのに似て、ある種の業界などとの力関係で目先だけの取って付けた対応という面が否めない。しかも、金をかけたキャンペーンで「生活態度の改善」まで言い立てるのもコロナ禍対策同様だが、ほかにもっと力を入れるべき施策があるだろう。

目前の動きだけで右往左往せずに物事を広い視野で見なければならないのは、地球温暖化問題で経験済みだ。温室効果ガス削減の論議で排出量の割合を小さく見せるために牛など家畜のげっぷまで引き合いに出す主張には疑問符が付いたし、逆に実証的データに基づかずに過大に危機感をあおるキャンペーンが実は原発推進と軌を一にしていたことは周知の事実だ。

ある再生可能エネルギー問題のシンポジウムでのこと。パネリストの僧侶が、主催者が用意した外国製ミネラルウオーターを「これを輸入するのにどれだけ資源が消費されるか考えるべきだ」と拒否し、自前の水筒の茶をうまそうに飲んでいた。

買い物袋に話を戻すと、私たちの社会には風呂敷という汎用性の高い便利なものがある。法曹界では今も就任祝いの定番だ。仏教界にも頭陀袋という名前からしてありがたいエコなものがあるではないか。

対話の前提 キリスト教的伝統との差異11月27日

前世紀中頃に国際的規模で始まった「仏教とキリスト教の対話」は日本でも続いているが、基本的な点で相互理解にはまだ不十分なところがある。 その一つに「キリスト教は共同体だが仏…

家族の絆 古くて新しい檀家の課題11月25日

11月22日はいい夫婦の日だった。コロナ禍で迎えた今年、在宅勤務でお互いに家にいることが多くなり、コミュニケーションや会話の機会が増えた。そのため、夫婦の仲が「良くなった…

過疎地寺院問題 コロナで対策は前倒しに11月20日

新型コロナウイルス感染症が国内で拡大し始めて半年以上が経過したが、感染防止対策とGoToキャンペーンが象徴する経済活動活性化とのバランスは難しい。冬に入って感染者数は良く…

第17回「涙骨賞」を募集
PR
キャンペーン開始を発表する(左から)神・全青協常任理事、髙山久照・日仏保理事長、本多端子・全日仏婦理事長

子らに豊かな地球つなごう 全日仏婦などが行動計画

ニュース11月27日

国会「気候非常事態宣言」決議、WCRP日本委が歓迎

ニュース11月27日

生活全般の相談受け付け、地域再生へ 岩手の寺院

ニュース11月26日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加