PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2021
PR
墨跡つき仏像カレンダー2021

長い目で復興を 東日本大震災から9年半

2020年9月11日 13時11分

今月半ばで東日本大震災から9年半。被災地では建物の新築工事が各地で進んでいる。甚大な被害のあった岩手県釜石市では街並みはかなり復興し、中心部に新たにオープンした巨大ショッピングモールは大にぎわいで、週末には千台以上収容の駐車場が車でいっぱいだ。

これは、東北の沿岸被災地を南北に縦貫する「復興道路」が昨年3月に部分開通した効果で、かなり遠方からも買い物客が訪れるからだという。市民には歓迎する声も多い。

別名「三陸沿岸道路」とも呼ばれるこの道路は1974年度から事業が開始され、青森県八戸市から仙台市までを結ぶ総延長359キロで、国が震災からの復興と地域の活性化を旗印に建設を促進している自動車専用道。今年度末に全通予定で、この6月までに北側部分271キロが開通した。主要市町にインターチェンジ(IC)があり、地域全体のモノや人の流れを激変させた。

物流基地では国内外の物資の取扱量が5年で数倍になった所もある。観光面にもプラスがあり、コロナ禍で一時足踏みしたとはいえ、震災から長らく人出が減っていた沿岸の観光地や宿泊施設にも、かなり遠方から客が来ている。津波禍から復興した釜石の海岸の旅館では、語り部活動をするおかみが「これからが正念場」と語った。

だがご多分に漏れず、これには光もあれば影もある。各ICの近辺に外部資本も含めた大きなスーパーやショッピングセンターなどが次々とできて、以前から市街地や国道沿いで人出の多かった様々な店の客がかなり流出しているという。ICから少し離れているというスーパーは客足と売り上げが激減し、中には閉店した鮮魚店や長年の暖簾を降ろした飲食店もある。

ある商店主は「震災直後のように地元で買い物して支援を、という雰囲気ではなくなった。ICのそばに便利な店があると、わざわざこちらには来てくれない」とこぼす。交通網整備が経済に大きな変化をもたらすという意味の「ストロー現象」との言葉がよく聞かれる。

地域住民から様々な生活上の困り事相談を受けている地元寺院の住職は、人々の何となく重苦しい気持ちを感じると言う。「モノ、ハード面の復興は大いに結構だが、もっと大きな視野、長い目で地元の幸せを考えた施策をしてもらわなければ逆効果を生むこともある。故郷をどうしていくのか、生きる目標が持てることが大事だ」

食品ロスを減らす 資源を大切にする生き方2月26日

世界の食料廃棄量は年間13億㌧と推計され、また人の消費のために生産された食料のおよそ3分の1が廃棄されているという。農林水産省によると、日本国内の食品ロス量は年間643万…

脱炭素社会 人間の驕りへの警鐘を2月24日

アメリカのバイデン政権が就任後初の仕事の一つとして気候変動に関するパリ協定への復帰を発表した。2015年に採択された同協定は地球温暖化の進行を抑制するため、温室効果ガスの…

東日本大震災10年 宗教者の支援の立場性とは2月19日

東日本大震災と原発事故発生から来月で10年になる。被災地では今なお苦難と悲嘆に苛まれる人々が多い。日本を揺るがせた空前の災厄に今後も向き合い続けるには、宗教者にいかなる立…

災害やコロナでの知見を教訓として生かすことを強調した鬼生田宗務総長

コロナ支援5億円超、予算など可決 曹洞宗宗議会

ニュース2月26日

蓮沼総長が退任表明 南禅寺派定期宗議会

ニュース2月26日

25教宗派法要を中止へ 天台宗伝教大師大遠忌

ニュース2月25日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加