PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2021
PR
墨跡つき仏像カレンダー2021

自助・共助・公助と絆 本来の意味は違う

2020年10月2日 10時39分

「絆」を、例えば手元の1997年の講談社刊『日本語大辞典』で引くと、「①動物をつなぐつな②肉親間などの、絶ちがたいつながり。深い関係」とある。東日本大震災があった2011年を表す漢字になったが、語源をたどればむしろ自由を束縛するマイナスイメージが浮かんでくる。「人と人とのつながり」や「支え合い」といったプラスイメージで多用され始めたのは震災以降のことである。

ただし「母子の絆」というように心と情愛が通じ合う誠実な人間関係がないと使い難い。安易に乱用されていい軽い言葉ではない。

「自助・共助・公助」も使われ方が変わったようだ。四半世紀前の阪神・淡路大震災で家屋の下敷きになった人の多くは家族や近隣住民に助けられ、消防、警察や自衛隊に救出されたケースは少なかった。また被災者の住宅再建は困難を極め、公的支援が痛切に求められたこともあり、災害時の公私の守備範囲を明らかにする含みを持たせて「自助・共助・公助」が語られた。つまり災害に備えた言葉だと被災地の取材体験から認識していたが、いつの間にか広く社会生活で個人の自助努力を促す言葉に変質していたらしい。

菅義偉氏が首相就任に際し国の基本方針を「自助、共助、公助、そして絆」と述べた。家族・親族の社会的役割を重視する自由民主党の政策方針に沿い、平時の社会像を想定していることは「まず自分でできることは自分でやる」などの説明からもうかがえる。とはいえ災害向けの言葉のそろい踏みは木に竹を接ぐように異様ではある。首相の発言を巡り、主にネット上で当否の論争が起こっているようだが、幾つか看過できない懸念があるのは否定できない。

「絆」でいうと、首相の意図は明確でないが、そもそも人と人との共感があって初めて成り立つ心の領域にまで国家権力が介入するようであれば、社会の息苦しさはさらに倍加していくことだろう。

「自助」はより事情が複雑だ。日本は世界でも自己責任意識が断トツに高い国という報告があるが、自助が強調されると、それに一層拍車が掛かりそうである。自己責任論は本来国が果たすべき責任をぼやけさせる。阪神・淡路大震災でも、国の責任で被災者を救済すべきだ、という強い声がなければ、現行の被災者生活再建支援制度の創設はおぼつかなかった。

今冬に向け新型コロナ禍の再拡大が心配される。人々の感染防止の自覚は不可欠だが、ここでも検査や医療体制の整備・強化など国の責任を見過ごしにはできない。

見える構造的課題 社会参画型仏教の現況から1月15日

日本におけるエンゲイジドブッディズムの現況とその課題を論議するオンラインシンポジウムが先般行われた。仏教者による社会参画の多くの具体例から、日本社会で仏教の底力が求められ…

緊急事態宣言再び 宗教界からのメッセージ1月13日

新型コロナ感染症の爆発的拡大に伴い、東京、神奈川、千葉、埼玉の4都県を対象に7日、特別措置法に基づく緊急事態宣言が発出された。政府が警戒緩和の大旗を振ったGoToトラベル…

コロナ禍の課題 宗教の価値を説くべき時1月8日

2020年を揺るがした出来事は、何といっても新型コロナウイルスの世界的大流行である。我が国では、政府の場当たり的な対応に振り回されてきた一年でもあった。GoToトラベルを…

PR
御正忌報恩講の一般参拝者用の椅子を撤去した本願寺派本山本願寺御影堂

緊急事態発令拡大、宗教界も対策強化

ニュース1月15日
宗祖降誕800年にコロナ禍の重なった意義を語る中川宗務総長㊧

「お題目発信の喜びを」 コロナ禍の聖年で日蓮宗総長

ニュース1月15日
東京駅で開かれたキーマン展の会場に立つ酒井住職

地域活動評価、埼玉の「キーマン」に日蓮宗住職

ニュース1月14日
顔認証付き検温器「QHT」 PR
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加