PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
中外日報宗教文化講座2021
PR
中外日報宗教文化講座2021

仏教と女性 尼門跡寺院の伝統を生かす道

2020年10月7日 09時49分

菅義偉内閣の女性閣僚が少ないと話題だが、仏教界でも男女平等の理念は常に問われる。8月25日に開かれた全日本仏教会の公開ウェブシンポジウム「現代社会における仏教の平等性とは」は政府が提唱する男女共同参画社会を意識した内容だったようだ。

元厚生労働事務次官の村木厚子氏は、一般論として「女性自身が管理職に就きたがらないことや無意識の差別が活躍の壁となっている」と述べた(本紙9月2日付)。「無意識の差別の壁」は仏教界にも当てはまる指摘だろう。

女性の進出を阻む制度上の壁を取り払う努力は、伝統仏教ではあまり目に見える成果を挙げていない。無意識の差別、「古格慣例」など伝統の縛りは紛れもなく残っている。ただ、変化の兆しはあると信じたい。

例えば近代の宗門では、後継の男性寺族がいない寺で、寺族女性が結婚し配偶者が住職になる形が一般的だったが、最近は結婚した寺族女性自らが住職になる話も時折聞く。宗門のあらゆる領域で男女平等が語られるまでには様々な障壁があるとはいえ、現在進行中の社会の変化はその克服を後押しするだろう。

一方で、女性と仏教の歴史を語る場合に目が向けられる尼僧寺院は、後継者難が深刻なようだ。独身女性が出家剃髪し住職となるような寺庵が成立し、存続してきた社会的基盤が失われつつあるのが最大の理由。全日本仏教尼僧法団に所属する尼僧の数も減少している。尼僧老師がいた京都の臨済宗の旧尼衆専門道場が、30年ほど前に男僧が住職を務める一般寺院になったのは象徴的だ。伝統ある尼門跡寺院でも後継者問題が混迷に陥っている例もある。

尼門跡寺院は皇女や公武の権門の女性が門主として入った時代から、古格慣例に従って後継者が決められた。戦後、皇室の在り方が変わり、華族制度が廃止され、多くの場合、内実を失った古格慣例という言葉だけが生き残った感が拭えない。

尼門跡寺院を研究する国際日本文化研究センター名誉教授のパトリシア・フィスター氏は本紙に寄せた「鎌倉期の特筆すべき尼僧」(8月28日付「論」)で、「文化の象徴としての尼門跡寺院が、この時代に消滅してしまえば永遠に失われてしまう」と論じているが、杞憂とはいえない。

仏教界における女性進出の流れの中で尼僧寺院、尼門跡寺院がその伝統を積極的に生かす道はないのだろうか。寺格の高さではなく、主宰者の志の高さ、道心こそが尼門跡寺院の伝統を救うだろう。

聖徳太子御聖諱 国際化時代の和を訴える4月9日

今年は聖徳太子1400年遠忌に当たり、各地の寺院では様々な行事が行われている。中でも法隆寺では、「聖徳太子1400年御聖諱法要」が執り行われた。聖徳太子は622(推古30…

釈尊の降誕を寿ぐ 憂いなく安穏であること4月7日

4月8日の釈尊降誕日は、誕生仏に甘茶をそそぐ「灌仏会」が古くから営まれてきた。明治以降は「花まつり」として親しまれるようになり、全国の寺院、仏教系の保育園や幼稚園、地域仏…

延期が適切 コロナ下のオリンピック4月2日

東京オリンピックの今夏開催に疑問を抱く人は多い。新型コロナウイルス感染症の拡大を抑えるには人々の移動を制限し、人が集まるのを避けることが重要で、国民はそのために多大な困難…

就任の「お言葉」を述べる金光浩道教主

新教主の就任奉告祭 春の大祭にあわせ執行 金光教

ニュース4月10日
能登半島地震の被害から完全復興した祖院の大祖堂前で記念撮影する参列者ら

曹洞宗 總持寺祖院が落慶 完全復興 能登半島地震から14年

ニュース4月10日

釈尊の降誕祝い 各地で花まつり 花御堂に手合わせ 本山本願寺

ニュース4月9日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加