PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2021
PR
墨跡つき仏像カレンダー2021 第17回「涙骨賞」を募集

人間の弱さを見る目 思いやりの広まりこそ希望

2020年10月9日 13時07分

北半球の夏が盛りとなる7、8月頃から、次第に新型コロナウイルス感染症に慣れてきた。ウィズコロナとか新しい生活様式という言葉を受け入れて、十分に対策をとった上で経済を回すべく、できるだけ平常に近い生活に戻そうとしている。だが新型コロナウイルス感染症は収束に向かっているわけではなく、世界の死者数は増え続けている。日本でも秋から冬にかけ、感染者がまた増大するのではないかとの懸念は小さくない。

その一方で、夏になって日本や韓国では自殺者が増大していると伝えられている。高齢者や持病のある人たちは外へ出にくい日々が続く。職を失ったり、事業の継続が困難になったり、医療・介護関係者のように仕事の環境が悪化する人も増えた。見えにくい苦難が深まっている。亡くなった人とお別れができなかった、葬儀も集まれなかったという経験も広がっている。死者を送り出すことができないのは遺族の心をふさぐ。共に別れを告げる宗教儀礼の意義を再認識するが、実行できない。

働き盛りの人たちや元気な若者、子供たちには平常に近い生活を取り戻してほしいと思う半面、新たな苦難と悲嘆がじわじわと続き、深まっていくのを自覚する日々である。1995年の阪神・淡路大震災以降、国内外で様々な災害に襲われてきたが、多くの死者が出たときも、何とか苦難と悲嘆の中から復興へと向かう気持ちを奮い起こすことができた。

新型コロナウイルス感染症では姿勢を前向きに変えることが特に難しいようだ。人間の弱さを自覚させられながら、だからこそ支え合って立ち上がり、共に行動するという姿勢をとりにくい。ひたすら祈ることに専念せざるを得ないと感じる宗教者も多い。

だが、このような時にこそ人間の弱さを見据え、見えにくくなりがちな苦難と悲嘆を思いやるのが重要だ。思いやりの広まりは社会の連帯感を強め、結果的に弱さを克服する力ともなる。前向きの対策を立てようとすると、弱い部分を切り捨てて強い部分をさらに強めようとする方向に進みがちだ。「競争力を強める」ために経済成長に役立たないものは見捨てるということにもなりかねない。

競争に勝つのを目指す市場原理で社会を律する、これが繁栄をもたらすというが、本当か。他方、弱さを抱えた人間同士がケアし合い支え合うのが人間の本来の在り方だという考え方もある。今こそ、この考え方を思い起こしたい。思いやりを尊び、そこに人間ならではの希望を見る、これは諸宗教の共通基盤の一つでもある。

異なる原理 最善の交流の道を探るべき10月21日

カトリックはプロテスタントや仏教、イスラーム、道教と共に中国の公認宗教の一つだが、正確には「中国天主教愛国会」が公認宗教で、バチカンが任命した司教の下で活動する地下教会は…

人間の尊厳と宗教 いのちの本源的な領域10月16日

エッセンシャルワーク(本質的な仕事)という表現が、コロナ禍の中で注目されるようになった。緊急事態が起こり、社会や経済の動きが止まっても、止められないのが生活である。エッセ…

学術会議任命拒否 理解できる理由の説明を10月14日

日本学術会議の推薦した会員候補6人の任命を菅義偉首相が拒否した問題に批判が広がっている。これまでは推薦名簿通りに任命していたのに、政権の変わり目に“独自性”をアピールする…

第17回「涙骨賞」を募集
PR

来年次も本部団参を休止 立正佼成会

ニュース10月20日

園城寺長吏に福家俊彦氏 天台寺門宗

ニュース10月19日

資金貸付案など可決 審事院規程は継続審査 曹洞宗宗議会

ニュース10月19日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加