PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2021
PR
墨跡つき仏像カレンダー2021 第17回「涙骨賞」を募集

人間の尊厳と宗教 いのちの本源的な領域

2020年10月16日 09時53分

エッセンシャルワーク(本質的な仕事)という表現が、コロナ禍の中で注目されるようになった。緊急事態が起こり、社会や経済の動きが止まっても、止められないのが生活である。エッセンシャルワークとは、そうした生活維持に欠かせない仕事全般を指す。医療や介護・保育、流通や小売・販売、役所の窓口業務、またごみの収集、バスや電車の運転などもこれに入る。いずれも我々の暮らしを下支えしてくれる縁の下の力持ち的仕事ばかりである。

これと対照的なのがブルシット・ジョブである。スラングなので日本語でも「クソどうでもいい仕事」と訳される。デヴィッド・グレーバーの同題の著作で有名になった言葉だ。こちらは実質的な価値がなく、本人もそれを自覚していながら、いかにも重要だと取り繕われているような職務全般を指す。特定の業種がブルシット・ジョブということではなく、無用な現場管理や無駄な書類作成など、どんな仕事にもどうでもいい部分があって、それが肥大化していることが問題なのである。

一方、世の中に必要とされているのに給与が低いなど、割に合わない仕事のことをシット・ジョブ(きつい仕事)と呼ぶ。介護職員や保育士の仕事などがそれに当てはまり“やりがい搾取”ともいわれている。

さて、文化や芸術は今回のコロナ禍で不要不急なものとして、すっかり後回しにされた感がある。かつて、フランスの哲学者サルトルは「文学は飢えた子供を前にして何ができるか」という問いを投げ掛けた。文学作品は肉体的飢餓を満たすものではない。しかし、それは我々にとって本源的な精神的飢餓を十分満たしてくれるものである。文化や芸術は、生活や生存からすれば一見余剰に見えるが、しかし人間が人間らしく生きていくためのエレメンタリー、つまり本源的な存在である。

宗教者は神仏に仕え、衆生を救済に導くのが仕事である。この仕事は、人間らしい生活にとってエレメンタリーな仕事であると言ってよい。神仏に祈ることそれ自体は我々の物質的生活とは直接関係ないかもしれない。しかし、人間が人間らしい高貴さを保つためには、神仏という超越的存在との関わりこそエレメンタリーなものである。

宗教もまた文化や芸術と同様、世俗の価値観で役に立つとか役に立たないとかいう次元で測ることができない。これらはエッセンシャル(本質的)な仕事ではないかもしれないが、エレメンタリー(本源的)な仕事なのである。

デジタル化の国策 IT化社会の宗教の位置は10月28日

菅義偉総理は政府の最優先課題としてデジタル庁の設立を掲げている。隣国の中国や韓国と比較して、我が国のIT化の遅れはかねて指摘されてきたところで、経済産業省は2025年まで…

流行神は去る 目先優先の政治姿勢は危険10月23日

「流行神」というものが改めて注目されている。事典などによると突発的、一時的に民衆に広く信仰・支持され、急速に忘れ去られる神や仏などである。歴史的には大化の改新の前に現れた…

異なる原理 最善の交流の道を探るべき10月21日

カトリックはプロテスタントや仏教、イスラーム、道教と共に中国の公認宗教の一つだが、正確には「中国天主教愛国会」が公認宗教で、バチカンが任命した司教の下で活動する地下教会は…

第17回「涙骨賞」を募集
PR

20年度負担金3割減 減免3年特別措置可決 神社本庁

ニュース10月29日
大修理を終えた国宝御影堂で伊藤門跡を導師に営まれた奉告法要

御影堂の大修理落慶 知恩院で奉告法要

ニュース10月29日
「変わらない祈りのために」キャンペーンのポスター

コロナ禍の初詣参拝方法提案 埼玉県・大阪府神社庁

ニュース10月28日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加