PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2021
PR
墨跡つき仏像カレンダー2021

信徒目線の僧侶に 「お寺の和尚さん」の復権

2020年11月4日 11時04分

日本の仏教界は様々な宗派に分かれており、それぞれ独自な宗門用語がある。僧侶の呼称にも和尚、住職、方丈、上人、聖人などがあり、和尚と書いておしょうと言う以外に、天台宗ではかしょう、真言宗ではわじょうとも呼ぶ。宗門の中にいると案外気が付かないが、一般の人々にとってはこうした決まり事がなかなか難しい。

宗門独自の呼称ももちろん大切だが、広く人々に向けた教化伝道のことを考えれば、どの仏教にも通用する共通イメージに立ち戻ることがあってもよい。近年では仏教者という呼称も普及しているが、世間的にはまだまだ堅いイメージがある。お坊さんという言い方もあるが、寺院付きの僧侶の表現として「お寺の和尚さん」という言い方はどうだろうか。

多くの日本人は子供の頃に、童謡「山寺の和尚さん」を歌ったり、子供たちと手鞠を突いたりかくれんぼに興じたりした「良寛さん」の話を聞いたことがあるだろう。実際には「山寺の和尚さん」はわらべ歌ではなく、戦前に作られた初の和製ジャズの歌であり、歴史上の良寛禅師は生涯、寺院を構えることはなかった。しかし、重要なのは子供時代に育まれた和尚さんの原イメージの方だ。

近所の人がふらっとお寺に寄ってみれば、和尚さんが仏様の話だけではなく、茶飲み話の相手をしてくれたりもする。和尚さんはまた、そこそこ物知りである。それでいて、偉ぶったりせず、飄々と振る舞っている。そんな和尚さんに、人々も子供が親を慕うように接している。横町のご隠居さんの仏教版と言ってもよいかもしれない。「お寺の和尚さん」にはそういう原イメージがある。

こうした僧侶の姿は世間と仏との間をつなぐ存在である。潜在的ニーズも大きいはずだ。寺檀制度の下で、寺院はもともと地域コミュニティーへのケア機能を物心両面で果たしてきた。葬式の時にだけ寺を必要とする「葬式仏教」は、むしろ明治以降の産物である。地域の人々へのケアは寺院の役割であり、僧侶はその担い手だ。本紙の「キラリ-頑張る宗教者」の連載意図もまた、そうした現代の僧侶の姿を読者の参考に供するところにある。

「お寺の和尚さん」という原イメージは、信徒目線からの僧侶の一つの理想像である。宗教的ケアといった時、古くて懐かしいこのイメージがぴったりする。その時、和尚さんはしばしば高齢僧侶の姿を取っている。「お寺の和尚さん」の復権は、現代の高齢僧侶の身の処し方において大きな参考になるだろう。

食品ロスを減らす 資源を大切にする生き方2月26日

世界の食料廃棄量は年間13億㌧と推計され、また人の消費のために生産された食料のおよそ3分の1が廃棄されているという。農林水産省によると、日本国内の食品ロス量は年間643万…

脱炭素社会 人間の驕りへの警鐘を2月24日

アメリカのバイデン政権が就任後初の仕事の一つとして気候変動に関するパリ協定への復帰を発表した。2015年に採択された同協定は地球温暖化の進行を抑制するため、温室効果ガスの…

東日本大震災10年 宗教者の支援の立場性とは2月19日

東日本大震災と原発事故発生から来月で10年になる。被災地では今なお苦難と悲嘆に苛まれる人々が多い。日本を揺るがせた空前の災厄に今後も向き合い続けるには、宗教者にいかなる立…

災害やコロナでの知見を教訓として生かすことを強調した鬼生田宗務総長

コロナ支援5億円超、予算など可決 曹洞宗宗議会

ニュース2月26日

蓮沼総長が退任表明 南禅寺派定期宗議会

ニュース2月26日

25教宗派法要を中止へ 天台宗伝教大師大遠忌

ニュース2月25日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加