PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
中外日報宗教文化講座2021
PR
中外日報宗教文化講座2021

感染症の閉塞感 新たな生き方のビジョンは

2020年11月11日 10時56分

新型コロナ感染症の流行が続くのは避けられない。あと数カ月は感染の不安に脅かされ、不自由な生活を続けなくてはならない。生活が成り立たなくなるのを恐れる人も増えている。何とか生活を守ることができても、先行きの危うさに怯えざるを得ない。多くの人にとって、このようにじわじわと不自由や不安に苦しむ経験はあまりないのではないか。戦後、これほどの長期にわたる閉塞感に苦しむことはなかっただろう。

まずは、人間の統御することができない自然の働きに脅威を感じているということがある。人間の無力を知るということだが、そうはいっても何かができるはずだと思いたい。実際、できることは多々ある。感染症を防ぐ様々な対策を講じ、感染症のため生じている困難を緩和したり克服したりするために助け合うということもできることはあるだろう。

このような時こそ希望を持つのは大事だ。感染症によって露わになったこと、とりわけ私たちの社会が持っていた弱点を自覚し、より安全で相互に支え合える関係を展望するということだ。実際、そのような方向で希望を見出そうという試みも広がっている。

デジタル化に希望を見出す人たちもいる。リモートワークでも十分やっていけると自信を持った人たちは少なくないだろう。データやICT技術やAIを駆使して医療や介護などの仕事を効率化し、感染の危険を避けることに今後の社会の進むべき方向性を見出す報道も増えてきている。他方、感染症の大流行による困難をもたらしたのは大都市集住であり、環境破壊によってこれまで遠かったウイルスを目覚めさせてしまった、と考える人もいる。自然との共生を取り戻すべきではないかという思いだ。両者を合わせデジタル・グリーン変革を打ち出す人もいる。

このようなより良い人間社会のビジョンはかつては宗教が担ったものだった。だが、現代では不用意に持ち出せば、妄想のように現れてしまうことが多い。現代社会ではビジョンといっても、生きる場に応じて様々で、宗教以外の多様な担い手がいる。では、宗教に何ができるか。

地域社会で新たな共生の在り方を切り開く人、独特の芸術表現を見出す人、長期的な展望を持ってこつこつ日々を生き抜く人、こうした人々と地域に根を張ってきた宗教団体との接点は少なくない。現代の宗教はこうした人々をつなぎ、人類が紡ぎ宗教が伝えできた叡智を深めることで、新たな希望とビジョンの提示に貢献できるだろう。

コロナ下の行動 問われる良識に基づく自律5月7日

我が国に新型コロナウイルス感染症が侵入してからもう1年3カ月以上になる。これまで日本の感染状況は他国と比べ比較的低かったが、楽観できる状況ではない。 気になるのは感染者数…

薄れる戦前への反省 「国体」を躊躇なく語る時代4月28日

日本が太平洋戦争に突入したのは1941年12月、今から80年前である。その少し前の37年3月に文部省によって『国体の本義』が発行された。緒言には「肇国の由来を詳らかにし、…

多様性の尊重 標準を押し付けない社会4月23日

日用品・食品など消費財の世界的メーカーであるユニリーバ(本拠はイギリス)が先頃、美容クリーム等のパッケージや広告から「ノーマル」という表示をなくす方針を発表した。 「ノー…

模写した1幅目の下絵について説明する菱田氏(右端)と岡村住職

旧蔵の聖徳太子絵伝復元へ 下絵公開、5幅目新作も予定 観音正寺

ニュース5月7日
「誰もが自分の問題として考えるべきだ」と話す岩田センター長

ジェンダー平等を目指して 男性中心の仏教界、変革の視点不可欠 龍谷大研究センター発足1年

ニュース5月7日
晋山祝う日暈に興奮 天台宗

晋山祝う日暈に興奮 天台宗

ニュース5月6日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加