PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2021
PR
墨跡つき仏像カレンダー2021 第17回「涙骨賞」を募集

感染症の閉塞感 新たな生き方のビジョンは

2020年11月11日 10時56分

新型コロナ感染症の流行が続くのは避けられない。あと数カ月は感染の不安に脅かされ、不自由な生活を続けなくてはならない。生活が成り立たなくなるのを恐れる人も増えている。何とか生活を守ることができても、先行きの危うさに怯えざるを得ない。多くの人にとって、このようにじわじわと不自由や不安に苦しむ経験はあまりないのではないか。戦後、これほどの長期にわたる閉塞感に苦しむことはなかっただろう。

まずは、人間の統御することができない自然の働きに脅威を感じているということがある。人間の無力を知るということだが、そうはいっても何かができるはずだと思いたい。実際、できることは多々ある。感染症を防ぐ様々な対策を講じ、感染症のため生じている困難を緩和したり克服したりするために助け合うということもできることはあるだろう。

このような時こそ希望を持つのは大事だ。感染症によって露わになったこと、とりわけ私たちの社会が持っていた弱点を自覚し、より安全で相互に支え合える関係を展望するということだ。実際、そのような方向で希望を見出そうという試みも広がっている。

デジタル化に希望を見出す人たちもいる。リモートワークでも十分やっていけると自信を持った人たちは少なくないだろう。データやICT技術やAIを駆使して医療や介護などの仕事を効率化し、感染の危険を避けることに今後の社会の進むべき方向性を見出す報道も増えてきている。他方、感染症の大流行による困難をもたらしたのは大都市集住であり、環境破壊によってこれまで遠かったウイルスを目覚めさせてしまった、と考える人もいる。自然との共生を取り戻すべきではないかという思いだ。両者を合わせデジタル・グリーン変革を打ち出す人もいる。

このようなより良い人間社会のビジョンはかつては宗教が担ったものだった。だが、現代では不用意に持ち出せば、妄想のように現れてしまうことが多い。現代社会ではビジョンといっても、生きる場に応じて様々で、宗教以外の多様な担い手がいる。では、宗教に何ができるか。

地域社会で新たな共生の在り方を切り開く人、独特の芸術表現を見出す人、長期的な展望を持ってこつこつ日々を生き抜く人、こうした人々と地域に根を張ってきた宗教団体との接点は少なくない。現代の宗教はこうした人々をつなぎ、人類が紡ぎ宗教が伝えできた叡智を深めることで、新たな希望とビジョンの提示に貢献できるだろう。

対話の前提 キリスト教的伝統との差異11月27日

前世紀中頃に国際的規模で始まった「仏教とキリスト教の対話」は日本でも続いているが、基本的な点で相互理解にはまだ不十分なところがある。 その一つに「キリスト教は共同体だが仏…

家族の絆 古くて新しい檀家の課題11月25日

11月22日はいい夫婦の日だった。コロナ禍で迎えた今年、在宅勤務でお互いに家にいることが多くなり、コミュニケーションや会話の機会が増えた。そのため、夫婦の仲が「良くなった…

過疎地寺院問題 コロナで対策は前倒しに11月20日

新型コロナウイルス感染症が国内で拡大し始めて半年以上が経過したが、感染防止対策とGoToキャンペーンが象徴する経済活動活性化とのバランスは難しい。冬に入って感染者数は良く…

第17回「涙骨賞」を募集
PR
キャンペーン開始を発表する(左から)神・全青協常任理事、髙山久照・日仏保理事長、本多端子・全日仏婦理事長

子らに豊かな地球つなごう 全日仏婦などが行動計画

ニュース11月27日

国会「気候非常事態宣言」決議、WCRP日本委が歓迎

ニュース11月27日

生活全般の相談受け付け、地域再生へ 岩手の寺院

ニュース11月26日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加