PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2021
PR
墨跡つき仏像カレンダー2021

感染症の閉塞感 新たな生き方のビジョンは

2020年11月11日 10時56分

新型コロナ感染症の流行が続くのは避けられない。あと数カ月は感染の不安に脅かされ、不自由な生活を続けなくてはならない。生活が成り立たなくなるのを恐れる人も増えている。何とか生活を守ることができても、先行きの危うさに怯えざるを得ない。多くの人にとって、このようにじわじわと不自由や不安に苦しむ経験はあまりないのではないか。戦後、これほどの長期にわたる閉塞感に苦しむことはなかっただろう。

まずは、人間の統御することができない自然の働きに脅威を感じているということがある。人間の無力を知るということだが、そうはいっても何かができるはずだと思いたい。実際、できることは多々ある。感染症を防ぐ様々な対策を講じ、感染症のため生じている困難を緩和したり克服したりするために助け合うということもできることはあるだろう。

このような時こそ希望を持つのは大事だ。感染症によって露わになったこと、とりわけ私たちの社会が持っていた弱点を自覚し、より安全で相互に支え合える関係を展望するということだ。実際、そのような方向で希望を見出そうという試みも広がっている。

デジタル化に希望を見出す人たちもいる。リモートワークでも十分やっていけると自信を持った人たちは少なくないだろう。データやICT技術やAIを駆使して医療や介護などの仕事を効率化し、感染の危険を避けることに今後の社会の進むべき方向性を見出す報道も増えてきている。他方、感染症の大流行による困難をもたらしたのは大都市集住であり、環境破壊によってこれまで遠かったウイルスを目覚めさせてしまった、と考える人もいる。自然との共生を取り戻すべきではないかという思いだ。両者を合わせデジタル・グリーン変革を打ち出す人もいる。

このようなより良い人間社会のビジョンはかつては宗教が担ったものだった。だが、現代では不用意に持ち出せば、妄想のように現れてしまうことが多い。現代社会ではビジョンといっても、生きる場に応じて様々で、宗教以外の多様な担い手がいる。では、宗教に何ができるか。

地域社会で新たな共生の在り方を切り開く人、独特の芸術表現を見出す人、長期的な展望を持ってこつこつ日々を生き抜く人、こうした人々と地域に根を張ってきた宗教団体との接点は少なくない。現代の宗教はこうした人々をつなぎ、人類が紡ぎ宗教が伝えできた叡智を深めることで、新たな希望とビジョンの提示に貢献できるだろう。

食品ロスを減らす 資源を大切にする生き方2月26日

世界の食料廃棄量は年間13億㌧と推計され、また人の消費のために生産された食料のおよそ3分の1が廃棄されているという。農林水産省によると、日本国内の食品ロス量は年間643万…

脱炭素社会 人間の驕りへの警鐘を2月24日

アメリカのバイデン政権が就任後初の仕事の一つとして気候変動に関するパリ協定への復帰を発表した。2015年に採択された同協定は地球温暖化の進行を抑制するため、温室効果ガスの…

東日本大震災10年 宗教者の支援の立場性とは2月19日

東日本大震災と原発事故発生から来月で10年になる。被災地では今なお苦難と悲嘆に苛まれる人々が多い。日本を揺るがせた空前の災厄に今後も向き合い続けるには、宗教者にいかなる立…

災害やコロナでの知見を教訓として生かすことを強調した鬼生田宗務総長

コロナ支援5億円超、予算など可決 曹洞宗宗議会

ニュース2月26日

蓮沼総長が退任表明 南禅寺派定期宗議会

ニュース2月26日

25教宗派法要を中止へ 天台宗伝教大師大遠忌

ニュース2月25日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加